少年サッカー パス精度を高めるために意識すべき事

自分ではしっかりパスを出してるつもりなのに、パスミスになってしまう。

これはとても難しい悩みです。

だって、一生懸命プレーしようとしてたのに、仕方なく起こってしまうミスだから。

だけど、「またミスしてしまった」と悔やめば良くなることはなくて、

やはり、そのミスをなくしていくには練習が必要です。

ミスは仕方ないと割りきる。でも、次はミスしないようにしようという気持ちの切り替え。

そして、しっかり振り返り、普段のトレーニングに結びつける必要があります。

この記事では、パスミスが多くて悩んでいる子に向けて、

パス精度を高めるために何を意識すればいいのかについてまとめてまとめていきたいと思います。

パス精度を高めるための2つのポイント

そもそもパスミスは、どんなミスの事を言うと思いますか?

①自分の思った場所にパスがいかない。(ボールを蹴れない)

②味方にパスが繋がらない

どっちもパスミスとして考えられそうですが、

この2つをあえて分けて書いてみたのがポイント。

パスミスをどう捉えるかで、パス精度を高めるためのポイントが見えてきます。

①については、どれだけ正確性を高める事に拘れるかが重要で、

②については、どれだけ受け手の気持ちになれるかが重要になります。

それぞれについて、何を意識すべきかまとめます。

パスの正確性を高めるために意識すべき事

まずは、そのパスにどんだけ拘りが乗ってるのかが大切です。

大体このくらいにパスできればいい

絶対にココにパスする

この2つの意識の差で正確性への大きな違いが出てきます。

おそらく、正確性が足りない子は、この拘りが足りない事が考えられます。

むしろ、そんな細かいとこまで意識してないという子がほとんどではないでしょうか。

この拘りを持つ事ができれば、ほとんど解決できたようなもの。

後は、ひたすら練習に取り組むのみです。

思った場所にどれだけ蹴れるかひたすら反復して、正確性を高めていく。

その際、キックのポイントを掴む事が重要になります。

軸足の位置、ボールを捉える場所、どんな角度でボールを捉えるか・・・

キック1つを取っても拘りを深めれば深めるほど色んなものが見えてきます。

そこで、とにかく試行錯誤しながらポイントを掴んでいく。

そして、自分のキックと会話しながら、正確に蹴れるようになるまで、練習をする。

結局は、どんだけ自分のパスに拘りを持てるのかと、どんだけ練習できるかにかかっています。

正確性を高める近道はありません。

地道な積み重ねが、数センチの正確性を高めていくのには絶対に必要です。

味方にパスを繋げるために意識すべき事

正確に自分が思ったところに蹴れたと思っても、

それが味方に繋がらなければ、パスミスになってしまいます。

例えば、ボールの受け手の左後ろに相手がマークしてたとします。

自分的にはほぼ思ったところに蹴れたと思っても、

そのズレがマークがいる方(左側)に50センチといない方(右側)に50センチでは、

正確性は同じでも、一方は繋がって、一方はインターセプト(パスミス)になるかもしれません。

ここで大事になるのが、

受け手の気持ちになるという事です。

受け手は、どっちの足にボールが欲しいのか、

どうやったら次のプレーにスムーズにうつれるのかについて考えてみる。

そのためには、相手のマークをしっかり見る事が必要になります。

状況によっては、正確性に欠けていても、その気配りでパスは繋がるかもしれません。

次に大切なのは、パスの質です。

できるだけ転がした方がいいし、プレッシャーを受けないためには、

できるだけパススピードを上げた方がいい。

そこまで受け手の気持ちを考える事ができればきっと、何となくパスしてた時より、

ボールは味方に繋がるようになるでしよう。

まとめ

パス精度を高めるために意識すべき事を、

パスミスをどう捉えるか2つの視点から考えてみて、それぞれについてポイントをまとめてみました。

おそらく、当たり前すぎて分かってる部分が多かったと思いますが、

そこまで拘って自分のパスと向き合えてるか?

はしっかりと確認できたと思います。むしろそこを確認できないといけません。

結局は、それが一番重要です。

いずれにしても、細かいとこまで拘れるかどうかが一番大切なポイントで、

分かってるからと意識が変わらず、拘りを持って練習に取り組めなければ、

絶対にパス精度なんてあがりません。

パスミスはいくら練習したとしても生まれてしまうものです。

いくらやってもミスする時はあると割りきるのにも、

ポジティブな面とネガティブな面があると思います。

ポジティブであれば、できるだけパス精度をあげる努力ができるだろうし、

ネガティブであれば、しょうがないと思って練習に生かす事ができないでしょう。

自分のパスとどれだけ向き合えるかにとことん拘って、

パス精度を高めるための努力を惜しまないようにしましょう。

参考:デブライネ選手の3つのパスに学ぶ、パスで魅せる3つの特徴と意識すべきポイント

スルーパスを通すための4つのコツとは??











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!