ボールが受けれない悩みを解決するための視点

ボールを受けたいけどなかなか受ける事ができない。

そんな悩みを持ってる子もいるでしょう。

この記事では、もっとボールが受けれるようになるために、

ボールの受け方のコツを1つ1つ丁寧にまとめていきたいと思います。

ボールを受ける回数が増える事で、もっと自分のプレーを表現できるようになります。

ぜひ、参考にしてみてください。

ボールの受け方の3つのコツ

ボールを受けるには、

ボールの出し手との関係性を作る事が大切です。

まず、この部分をしっかり押さえましょう。

自分の動きは合っている。しっかり工夫している。でも、ボールが出てこないだけ。

そんな考え方でいると、いつまでたってもボールの受け方が良くなる事はありません。

という事で、ボールの受け方のコツを、ボールの出し手の気持ちも考えながらまとめてみます。

出し手が見える位置に立つ

いくらいいポジションを取っていても、出し手が見えていなければボールが出てくる事はありません。

よく、顔を合わせるなんて表現をしますが、

受け手は顔が見えてても、出し手は顔が見えてない事があります。

出し手の選手が見えているかが重要です。

もちろん、出し手の選手の見える範囲はそれぞれ違います。

その選手の特徴を理解する事。

見える範囲を広げてやるために、声を出して顔を合わせる努力をする事も必要になります。

見える位置に立つには、見えるようにしてあげる事も必要という事です。

マークを外す

顔が見える位置にポジショニングを取る事ができました。

しっかり出し手の特徴も踏まえて、声を出して受けるアピールもできてます。

けど、ボールがなかなか受けれない。

そんな時は、自分がフリーな状態かどうか意識してみましょう。

いくら顔が合って出せると思っても、わざんざマークがついている選手にパスを出そうとは思わないはずです。

それは、インターセプトされてボールを奪われるリスクが高まるから。

出し手からすれば、もっとマークを外してくれ。出したくても出せないんだ。

と言いたくなると思います。

ただ、いつでもマークが外れてフリーの状態でいる事は難しいのも分かります。

マークを外す(いいポジショニングを取る)努力をできるだけするようにしましょう。

タイミングを合わせる

マークを外す努力をしても、相手がしっかり自分を見てたらなかなかマークを外す事ができない。

それも分かります。

そんな時は、出し手の状況をよく観察して、ボールが出せるタイミングを逃さないようにしよう。

よく練習中に言うのは、

1歩でもマークが外れていて、パススピードが強ければボールを受ける事ができる。出し手もボールを入れる事ができる

それくらいタイミングというのは重要です。

目を合わせる。声を出してコミュニケーションをとる。

方法は色々あると思うけど、チームメイトとタイミングに拘りを持ってトレーニングすると、ボールの受け方が上手くなるでしょう。

まとめ

ゲームの中で目立てる選手は、ボールを受け方がうまい。

その分ボールに触る事ができ、自分をアピールする事ができるからです。

相手のマークがきつい。プレッシャーが速いなど、状況が変わる事で、

ボールの受け方が難しくなるケースはたくさんあります。

工夫をしないとなかなか受けれないような状況です。

そんな時、この3つのコツを意識してプレーして欲しいと思います。

自分だけの視点に立つのではなく、出し手の視点に立つ事が重要です。

また、普段のトレーニングで意識する事で確実にボールを受けれるようになります。

やっぱり、ボールに触れている時間が一番楽しい。

ボールをたくさん受けれる選手になって思い切り自分のプレーを表現してみましょう。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!