サッカーに必要な効果的な縦パスとは

少年サッカーの試合を見てると、効果的な縦パスが少ない。

意図を持って入れれる縦パス。

その逆で目立つのが、簡単にバックパスや横パスで状況回避したり、

とりあえず縦(前)へボールを放っておいて、状況を回避するプレー。

効果的な縦パスは、状況を一気に変える事ができるし、相手にとっても突かれるとダメージの大きいパスになる。

この記事では、サッカーにおける効果的な縦パスについてまとめてみたい。

参考:デブライネ選手の3つのパスに学ぶ、パスで魅せる3つの特徴と意識すべきポイント

縦パスの種類と状況理解

縦パスと言っても、色んな縦パスがあるので、まずは縦パスの種類を整理しておく。

分ける基準が難しいが、距離と足元のパスであるかスペースへのパスであるかで、

その効果をまとめてみたい。

ロングパス

DFラインから前線へフィードするボールをイメージして欲しい。

この縦パスが効果的なのは、

・意図的な状況回避

・一発でDFの背後を取れる

事にある。

押し込まれている状況で無理にショートパスを繋ごうとして、リスクを背負う事なく、

意図的にボールをフィードできれば、守備から一気に攻撃に転じることができる。

前線でボールを収める事ができる選手がいるとより効果的な縦パスとなり、

攻撃の起点を作るパスになる。

また、前線で収める特徴がある選手じゃなく、裏へ飛び出す事が得意な選手であれば、

一気にDFラインの背後を突く事ができ、得点機会を演出する事ができる。

ショートパス

この縦パスが効果的なのは、

・ビルドアップの際のライン突破

・得点機会の演出

にある。

DFラインで相手のFWラインを越える。中盤のラインを越える。

ラインを越える手段は、ドリブル突破かパスでの2択だ。

効果的な縦パスをできる事で、簡単に相手DFラインを突破する事ができる。

ただし、ビルドアップの際は、足元に正確なボールをつける事ができないと、

カウンターの種になるパスになりうる可能性もあるので注意しないといけない。

また、ゴール前での効果的な縦パスは得点機会の演出に繋がる。

足元につけるボールであっても、そこが起点となり、攻撃の枚数をかける事ができるし、

スルーパスであれば、そこからセンターリング、1対1の演出など、

得点に直接関係する効果を発揮してくれる。

ミドルパス

ロングパスとショートパスの中間に位置するパスで、

その効果も、両方の特徴を持っていると考えられる。

特に、少年サッカーの場合は、この距離での効果的な縦パスが少ない。

キック精度の問題が一番大きいと思うが、この距離で効果的な縦パスを出せる選手がいる事は、

チームにとって大きな武器になり得る。

効果的な縦パスの出し方

縦パスの種類を整理したところで、効果的な縦パスの出し方についてまとめてみたい。

まずは、どんな場面で縦パスを出すかという状況判断が一番重要になる。

判断については、状況を整理しないとまとめれないので、ここでは割愛するが、

判断の重要性を踏まえた上で、効果的な縦パスの出し方についてまとめてみる。

優先順位の整理

バックパスや横パスで回避するケースが多いのは、

優先順位が整理されていないからということが考えられる。

優先順位が整理されていないと、判断基準も曖昧になり、

リスクを取りたくない心理が働く事により、効果的な縦パスを出せなくなってしまう。

チャンスがあれば優先順位として縦パスを入れる事を整理する事が必要だろう。

出し手と受け手のコミュニケーション

縦パスが無意図になるケースは、出し手自身が無意図である時と、受け手の準備不足のケースがある。

出し手の無意図に関しては、自身の改善が必要だが、

受け手の準備不足に関しては、双方のコミュニケーションと共通理解が必要だ。

コミュニケーションの方法としては、声を出す事、アイコンタクトなどがあり、

縦パスを成立させるのには、これらの方法を使いタイミングを合わせる必要がある。

プレーモデル

コミュニケーションと関連して挙げるなら、

プレーモデルがあると、より効果的な縦パスを出せるようになるだろう。

チームとして共通理解があると、そこに無意図なコミュニケーションを作り出す事ができる。

状況判断は必要だが、自動化される部分ができることで、

より効果的な縦パスを多く演出する事ができるだろう。

これには、頭で整理する事の他にトレーニングでの落とし込みが必要になってくる。

しっかり落とし込み行い、決めつけプレーにならない事だけは注意しないといけない。

参考:少年サッカーにおいてゲームモデルが必要な理由

まとめ

サッカーに必要な効果的な縦パスについて、

縦パスの種類を整理した上で効果的な縦パスの出し方をまとめてみた。

少年サッカーは、8人制で行われ、コートサイズも小さい。

効果的な縦パスは、より得点機会の演出に繋がるように思う。

であるのに、実際のゲームは、効果的な縦パスが少なく、

前へ進む手段がドリブルだけになったり、無意図な縦パス、優先順位が整理されていない回避も散見される。

テーマはそれぞれで、ドリブル突破がテーマだったり、幅を使うことがテーマだったりして、

そんなプレーが見えるケースもあると思うが、いずれのテーマだとしても、

効果的な縦パスを意識する事で、プレーの幅を広げる(テーマを達成させる)事に繋がると思う。

縦パスは、リスクがあるパスにもなり得る。だからこそ、得点機会を演出してくれる。

効果的な縦パスを入れれるようになると少年サッカーの試合がますます面白くなるだろう。

参考:縦パスだけのサッカーになりがちな理由と縦パスの基準の整理











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!