サッカーにおける矢印の理解+α

サッカーにおいて駆け引きは重要で、駆け引きをする際に重要になるのが、

相手の矢印の理解=相手の狙い・意図

という事は、以前の記事でまとめた事がある。

参考:相手の矢印の理解と駆け引きの必要性

この記事については、対個人という局面の部分を簡単にまとめているんだが、

矢印について、もう2つ付け加えたい部分がある。

この記事では、サッカーにおける矢印の理解について、

対個人の駆け引きの部分での矢印の考え方を1つ、

対チームとしての矢印の理解について1つを付け加え、

よりサッカーにおける矢印の理解を深め、駆け引きを楽しめるようになる事を願っている。

サッカーにおける矢印の理解についての2つの視点

まずは、対個人の駆け引きの部分について付け加えたい。

基本的な対個人での矢印の理解については、まとめた記事があるんだが、

矢印との関連でもう1つ重要な部分があると思ってる。

子ども達にも練習の時意識させるんだが、理解が深まると、

より駆け引きの幅が出てきたと感じれる。

タイミングをずらす

駆け引きをする際、以前の記事にも書いた通り、まずは相手の矢印を理解する事が必要だ。

それが見えるようになると、相手の矢印をコントロールできるようになる。

ただ、これらの矢印については、完全に逆を取るという事が狙いと、目的達成になっていて、

もし矢印がぶつかった時については、説明してない。

もちろん、駆け引きの中で逆を取る事が一番の目的になるんだが、

それでも相手に対応される事もあるわけで(相手も駆け引きするから)、

それでも駆け引きに勝つとなると、相手と矢印がぶつかった時の事も考えないといけない。

子ども達に良く言うのが、駆け引きに勝つには、

逆取りとタイミングをずらす

この2つが重要だという事。

矢印が重なった時(交わそうとして進む方向と、相手が出した足が重なる)、

タイミングがドンピシャだったら引っ掛かるが、少しでも速かったり、

または、1テンポためができれば、矢印が重なっていても引っ掛かる事はない。

だから、ただ逆取りをするだけじゃなく、タイミングをずらすために、

緩急をつけて駆け引きをさせる事を意識させている。

これを意識させる事で、駆け引きにメリハリが出てきたし、

矢印がぶつかった時にも勝てる確率が増えてきたように思う。

対チームとしての矢印の理解

対個人の間での矢印の理解は重要なんだが、

その局面に行き着くまでには、必ずゲームの流れというのが存在している。

駆け引きの際に先手を取れるようになるには、ゲームの流れを読む力は必要だ。

参考:想定外を想定内にする方法~技術・予測・経験値~

例えば、相手が前からガンガン奪いに来てる時、リトリートして守ろうとしている時、

駆け引きの出発点は変わると思う。

裏に蹴りそうだ、足元で受けそうだ、サイドチェンジしそうだ。

これらの矢印が分かれば、本来守備しないといけないプレーが、

対応次第では攻撃の矢印に変えれるかもしれない。

対チームとしての矢印の理解=相手の狙いをゲームの流れを見ながら予測できる

という事だ。

相手を理解せずに、局面だけの駆け引きが上手くなっても、ゲームの中で活かす事は難しい。

相手チームの矢印がどう向いてるのかを理解しながらプレーする事が必要である。

まとめ

サッカーにおける矢印の理解について、

普段のトレーニングで子ども達に意識させている2つの視点についてまとめた。

実感としては、タイミングをずらす(緩急を意識する)事で、

対個人における駆け引きの幅が広がったように思うし、

対チームとしての矢印の理解をする事で、予測しながらプレーする事と、

駆け引きにおいて先手を取れる事ができるようになったと思う。

駆け引きを楽しめるようになると、サッカーは楽しい。

矢印の理解についてより深く考えれるようになって欲しいと思う。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!