サッカーの上達に脳トレが必要な理由

なぜサッカーの上達脳トレが必要なのかについて、

まずは、脳の可能性についての話をまとめてみたい。

例えば、

サッカーの場合だと、認知→判断→実行のプロセスには、

脳の中の神経回路の伝達が関わっている。

参考:サッカーにおける認知・判断・技術をバランスよく育てる方法

意識する事はないけど。

また、別の例えで、

知識を蓄えたり(インプット)したり、知識を活用する(アウトプット)する時も、

脳の作用が関係している。

これも、わざわざ意識する事はない。

だから、脳の可能性の事を言われてもピンとこないかもしれないし、

脳の働きを理解する必要性なんてほとんど感じないと思う。

だが、ほとんどの人は、脳の可能性は無限大という事を何となくイメージできている。

不思議だ。

脳の話の中で、面白い記事を見つけた。

その記事に、神経科学者で作家のアレックス・コーブ氏の見解が紹介してあって、

アレックス・コーブ氏によると、

うつ病は脳の神経可塑性によって引き起こされていると説明してある。

以下、記事を抜粋

「うつ病といっても、脳自体には根本的な問題はありません。単に神経回路の特定の調整が、うつ病のパターンに向かう傾向を生み出しているということです。このパターンは脳がストレス、計画、習慣、意思決定、その他多くのことを扱う方法に関係しています。それらすべての回路の動的な相互作用です。そしてパターンが形成され始めると、脳全体に数十の小さな変化を引き起こし、ネガティブな負のスパイラルに陥っていきます。

という事は、

意図的に脳の神経回路をポジティブなパターンに変える事ができれば、

行動(プレー)も自然に変わっていく可能性があるという事だ。

この記事から分かるように、

人の考え・感情・行動などは、脳が司っている。

脳を活用する事=脳トレ

だと思うが、脳をうまく活用できず、知らず知らずのうちに、負のスパイラルに陥ってるのなら、

ポジティブなものに変えた方がいい。

では、具体的にはどうすれば良いのだろうか?

この記事では、サッカーの上達に必要な脳トレについてまとめてみる。

メンタル面に関する脳トレ

サッカーは、ミスが多いスポーツである。

ミスは、メンタル面に大きな影響を及ぼし、それがプレーに影響する。

だから、ミスをした時の考え方をどうするのかを意識する事で、

プレーの上達のスピードは変わると思う。

ミスしたら、

どうしようと思ったりするのが、普通の思考パターンと思うが、

ミスした時に、

何が原因だったんだろう?では、次はこういう事にチャレンジしてみよう。

と考え方をポジティブに変える事ができれば、原因を探る事が脳を刺激する事に繋がるし、

チャレンジするという前向きな意思を持つことで思考パターンを変える事ができる。

意図的にミスに対してのアクションを考える事は、脳トレに繋がるはずだ。

一番メンタル面に影響を及ぼすであろうミスについて考えてみたが、

相手が自分達より力があった時

きついトレーニングをやっている時

など、メンタルに関わる事はたくさんある。

そういったあらゆる場面で、意識的に考え方を変化させる事が、

メンタル面の脳トレになり、プレーの上達に繋がると思う。

プレー面に関する脳トレ

サッカーは複雑な要素が絡み合っている。

プレーを構成する要素は、メンタル面を除いたとしても、技術・体力・認知・判断など様々だ。

これらが、それぞれ高い水準にあがっていけば、プレーが上達するという事なんだろうが、

脳の特性である回路を繋ぐという作業を考えると、

これらの要素の結び付きを意識する事脳トレになるのではないかと思う。

技術練習であれば、当然技術を高める事を意識的にやるんだろうが、

技術を単体として捉えるんじゃなくて、

例えば、

この技術は、こういう場面だから(認知)、◯◯する必要がある(判断)。

だから、この技術のこういう部分を意識しないといけない(技術)。

このように、要素を繋ぐ事ができれば、それぞれの水準が上がり、

より高い上達レベルに到達するはずだ。

まとめ

脳の活用=脳トレというと、

なんか小難しいように聞こえるかもしれないが、

結局は、上達するために、よりポジティブになって、よりイメージを膨らませながらトレーニングしよう

という事だ。

何となく感情に引っ張られてネガティブになってはいけないし、

何も考えず受け身のトレーニングになってはいけない。

しっかり自分の頭で考える事(脳トレ)が大事だという事を言いたい。

最後に付け加えるなら、

脳トレ=脳を刺激する

事だとも思う。それは、脳の神経回路は増やすことができるから。

とすれば、色んな映像を見て考える時間を作ったり、

一日の反省(プレーの振り返り)をしたり、イメージトレーニングをする事も

サッカーが上達するための脳トレと言える。

脳の可能性は、いまだにはっきりしていない部分があるという。

サッカーとは的外れな事が、実はサッカーの上達に大きな影響を及ぼしてる可能性だって否定できない。

常日頃、アンテナを張って色んな事に関して興味・関心を持ち、

考える習慣をつける事が大事なんじゃないかと思う。

参考:サッカー脳を強化する~脳はワクワクが大好き~

読書がサッカーに及ぼす影響~追体験からの実体験~











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!