少年サッカー 怪我した時のトレーニングの仕方

サッカーで怪我した場合、その程度や受傷箇所にもよるが、

一番は完治を目指すために思い切り練習を休む事が正解だと思う。

だが、子ども達を見ていると、

思い切り休んだのはいいが、いきなり実践に復帰してきて、

今日から練習やれます

なんて子もかなりいる。

怪我して復帰するまでには、しっかり段階を踏んで復帰までの道筋を立てないといけないんだが、

怪我した時にできるトレーニング(リハビリ)をせずに復帰する。

怪我の程度は本人にしか分からない部分もあるので、何とも言えないところもあるんだが、

病院の先生やリハビリの先生、トレーナーと相談しながら

しっかりと怪我した時のトレーニングを考える事が必要だ。

いきなり復帰すると、急に高負荷がかかり、怪我を再発するリスクがある。

専門的なトレーニングについては、怪我の状況に応じてという事になるが、

この記事では、怪我をした時のトレーニングの中で、自分でもできる部分についてまとめたい。

怪我をした時にできる4つのトレーニング

怪我をしているんだが、復帰に向けてある程度動ける状態である事を前提にまとめてみる。

有酸素系トレーニング

復帰して一番辛いのが、

トレーニングした時に呼吸が上がってしまう事だろう。

トレーニングをしばらくやめておくと、持久力は急激に落ちてしまい、

運動を持続させるのが難しくなる。

特にサッカーの場合は、休む事なく動き続けなければいけないし、瞬発的にパワーを発揮しなければいけない。

心肺機能をなるべく低下させない努力は必ず必要だ。

走れるのであれば、走っておく事が必要だし、

走れなくてもプールや手でペダルを漕ぐなど、

有酸素系のトレーニングをする事はできるはずだ。

持久力の維持と心肺機能を低下させないために有酸素系のトレーニングをしておく事が必要である。

柔軟性の向上

大人の場合は、筋力の維持や向上が考えられるが、

発達段階の子ども達においては、筋力系のトレーニングはそんなに必要ないと思う。

あまりにも筋力の低下が著しい場合は必要かと思うが、それでも自重トレーニングくらいで十分だ。

その替わりではないが、柔軟性を高めるトレーニングはやっておいた方がいい。

怪我を予防するためのトレーニングにもなるし、

参考:少年サッカー 怪我を予防するためのポイント

柔軟性がつく事で、プレーの幅は間違いなく広がる。

動きにしなやかさをつけるためには、柔軟でなければいけない。

復帰後しなやかに動けるようになるためにも柔軟性を高める事はやっておくべきだ。

イメージトレーニング

怪我をしている時に限らず、

普段からやっておいて欲しいトレーニングだが、

練習している子達の様子をしっかり観察しながら、イメージトレーニングをやって欲しい。

自分だったらこうする

というように、自分目線に置き換えて観る事によって、

復帰した時スムーズにチームに溶け込めるようになる。

プレーしている時は、どうしても見える部分が限られているし、判断する時間も短い。

それがピッチ外からだと見える範囲も広がるし、

イメージを膨らませる時間も確保できるので判断の幅も広がる。

イメージトレーニングを繰り返す事がきっと復帰した時の判断の質の向上に繋がるはずだ。

参考:イメージとプレーの結び付きとクリエイティブさ

頭の整理をする

怪我をして実践から離れると、また違ったものが見えてくると思う。

自分でプレーしてる時は見えなかったものが、人のプレーを観る事で、

新たな気づきに繋がる事もあるはずだ。

何となく時間を過ごしていてはもったいない。

せっかくなら、

考える時間ができた。頭の整理をしておこう。

と怪我をポジティブに捉え、自分のプレーを改めて整理する時間にして欲しい。

トレーニングと言うと変だが、頭の整理をする事は、考えるトレーニングになると思う。

まとめ

怪我から復帰するまでの時間はとてつもなく長く感じる。

やりたい気持ちもあるだろうし、焦りもあるだろう。

だからこそ、怪我した時にしっかり目標を立てて、トレーニングをしておく事が大切になる。

怪我した時のトレーニングが、何も目標がなく、意味付けをできなければ、

何となく費やす時間になり、その積み重ねは復帰した時の苦労になって自分自身に返ってくる。

しっかりと自分でできる事を考えて、怪我した時のトレーニングをやって欲しい。

参考:少年サッカー 怪我が多い選手の特徴











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!