サッカーにおける1対1のディフェンスで大切な視点

サッカーにおける1対1のディフェンスについてまず考えておかないといけないのは、

ボールが相手に入る前から、1対1の駆け引きはすでに始まっているという事。

だから、ボールが入る前と入ってからについて整理する必要があるが、

この記事では、

ボールが入ってからの1対1のディフェンス

について大切な視点をまとめていきたい。

ちなみに、ボールが入る前に大切なのは、ポディショニングである。

ポディショニングについては、

味方の位置、相手の位置、ディフェンスしているエリアなど

複雑な要素が絡み合い決定すべきものでまとめる事が難しいが、

ディフェンスの優先順位である

インターセプトできる➡遅らせる➡時間をかける

という事を整理してポディショニングを決定する事を頭に入れておいて欲しい。

では、ボールが入った後の1対1のディフェンスについて考えてみるが、

そこで大切になるのが「奪う」というキーワード。

・ボールを奪う

・自由を奪う

・時間を奪う

この3つの視点でそれぞれをまとめる事にする。

ボールを奪う

まずは、ボールを奪う事がディフェンスの目的

という事を理解しておかないといけない。、

ここの理解ができていないと、ディフェンスをする時に、

何となく相手に対応したり、奪う気がないのにディフェンスしているんだ

という勘違いが起こってしまう。

何が何でもボールを奪って見せるんだという強い気持ちと、

ボールを奪いきるためには、どんな事を意識しないといけないか考える必要がある。

その中で、大切になるのが、

奪いどころを見逃さない目と体の使い方。

奪いどころをしっかり見極めて一瞬で体を寄せ、

相手とボールの間に自分の身体を入れてボールを奪いきる事が大切だ。

自由を奪う

ボールを奪おうとしていてもなかなかボールを奪えない時がある。

相手のボールの持ち方、体の使い方が上手い場合は、

そう簡単にはボールは奪えない。

なので、ボールを奪う事が出来なかった時に、次に何ができるか

を考えると、相手の自由を奪うという事。

ボールを奪えなくても、相手状況が悪くなる瞬間と言うのはある。

例えば、前を向いてたのが横向きや後ろ向きになった場合など。

その瞬間を見逃さずに、素早くプレッシャーをかけ、

相手の自由を奪ってしまう事が大切だ。

ただ、ここで気を付けておかなくてはいけないのが、

入れ替わられる事。

相手も駆け引きしながらボールを保持しているわけで、

むやみやたらに食いついて逆を取られ、自由を与える事になってしまう。

自由を奪う事が、自由を与える事になってはいけない。

時間を奪う

最後に大切なのは、相手の時間を奪うという事。

時間を奪うという事は、

相手が速く攻めたいという時に、しっかり遅らせて、

相手の時間を奪ってしまうという意味だ。

もちろん、その中でもボールを奪う事自由を奪う事は常に考えておかなくてはいけないので、

時間を奪う際に最も大事になるのは、

状況を判断する力になってくる。

味方が戻り切る時間をつくり、相手のプレーを遅らせるために

相手のプレーをポディショニングによって制限する事も必要だ。

時間という概念が抽象的であるからこそ、

はっきりとした決断よりも、判断に大切さのウエイトが置かれる。

 

まとめ

サッカーにおける1対1のディフェンスについて、

「奪う」をキーワードに3つの視点からそれぞれをまとめてみた。

また、それぞれの優先順位は、

まとめた順番通り、

ボールを奪う➡自由を奪う➡時間を奪う

というようになっている。

サッカーにおいて、ディフェンスも個人戦術を高める上で大切な要素だ。

攻撃でだけできれば良いという選手にならず、

ディフェンスのクオリティーも高い、総合的に魅力ある選手を育てていきたい。

参考:サッカーにおける1対1が強くなる方法

 











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!