サッカーにおけるドリブルの種類とは

ドリブルの種類を分類すると大きく2種類に分けられる。

それは、

「突破のドリブル」「運ぶドリブル」

スペインでは、この2種類のドリブルを

「突破のドリブル」=レガテ

「運ぶドリブル」=コンドゥクシオン

と呼び方を変える事で明確に区別している。

参考:スペインと日本におけるドリブルに対する考え方の違い~戦術的思考の必要性~

呼び方を変える事で、同じドリブルなんだが、

状況によって選択すべきドリブルの種類は違うという事なんだろう。

用語として区別するくらい、違う技術として整理しておかなければいけないという事だ。

ジュニアサッカーを見ていると、

ドリブル=「突破のドリブル」

が色濃い。

状況判断も未熟で、とにかく一生懸命であることにより、常にトップスピードで相手に向かっていく。

チャレンジ自体を否定する事はないが、

いつでも突破しようとドリブルを仕掛けるシーンがたくさん見られる。

この記事では、2種類のドリブルをしっかり整理する事で、

状況に応じたドリブルの選択ができるようになる事を目指したい。

2種類のドリブルの特徴と使い分け方

先に述べたように、ドリブルの種類は大きく分けて2種類。

もっと細かく分けようと思えば分けれるが、それは使い分けの部分で、大枠として捉えておきたい。

突破のドリブル

突破のドリブルとは、

相手を抜き去るドリブル

の事である。

このとドリブルが効果的な状況は、

相手を抜き去る事で、攻撃側に大きなチャンスが生まれる事。

抜き去る事ができたら、シュートを打てる

抜き去る事ができたら、センターリングを上げれる

抜き去る事ができたら、数的優位が作れる

ここで、数的優位を作れる事に関しては、

どんな状況でも抜き去る事ができたら数的優位になる

という事を考慮しておかなければいけない。

なので、ここで言う数的優位とは、ゴールを奪う事に直結するような数的優位

という補足を加えておく。

そう考えると、突破のドリブルは、

突破する事でゴールを奪える状況に近づく

という判断ができた時に、積極的にチャレンジすべきプレーになってくる。

もし、ノープランで場所や状況を考えずに突破のドリブルを仕掛けてボールを奪われると、

失点のリスクが高くなるプレーだという事も知っておかなくてはいけない。

また、突破のドリブルをする際は、

フェイントを書けて相手の逆をついたり、

スピードの緩急をつける事で、相手の奪うタイミングをずらしたりする工夫が必要だ。

突破だからと言って、

むやみやたらに突っ込んでいくだけでは突破する事にはなかなか繋がらない。

運ぶドリブル

運ぶドリブルとは、

時間と密接な関係を持ったドリブル

の事である。

ある状況では、守備の陣形が整う前にできるだけ速くボールを運ぶ必要があるし、

別の状況では、味方のサポートを待つために、ゆっくりとボールを運ぶ必要がある。

基本的には、スペースがあって、そのスペースを利用するためのドリブルだと思っていて良いが、

相手のプレッシャーがある状況では、ボールをキープしながら運ぶ事も必要になる。

そんな状況になるのは、

パスコースがなかったり、判断が遅れたからという事になるんだろうが、

そんな時は、ボールを奪われず時間を使う事によって状況が変わるのを待たなければいけない。

そういった意味でも、

時間と密接な関係を持ったドリブル

という事が言えるだろう。

また、運ぶドリブルの際は、

ボールをいかにコントロールしながらドリブルできるかが重要である。

意図的に速くだったり、遅くだったり、時間をコントロールするためには、

ボールがコントロール下にないと、意図した時間の使い方ができない。

なので、運ぶドリブルの際は、相手に奪われないようにしながら、

しっかりとボールをコントロールできる足元の技術が必要になってくる。

まとめ

ドリブルの種類について2種類のドリブルを整理してみたが、

その使い分けをする際に重要になるのが判断の要素である。

判断ができなければ、ノープランで突破のドリブルを仕掛けたり、

ノープランでボールを運ぶ事になる。

特に、運ぶ事に関しては、パスの方がいいのかどうかをしっかり判断しないといけない。

突破のドリブルは、チャレンジの側面が強いので、

敢えてパスを選択せず、チャレンジする事の方が

効果的という事もある。

基本的に、子ども達はドリブルが大好きだ。

だが、ドリブルの種類をしっかり整理しておかないと、

状況を無視した自己満足のプレーで終わってしまう。

種類を細かく分けずに、2つにしてしまうと、子ども達にとっては分かりやすいと思う。

状況に応じて効果的なドリブルを選択できるようになって欲しい。

参考:サッカーにおけるドリブルの基本とは











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!