サッカー指導者としての役割を改めて考える

このブログを運営し始めてようやく1年が経過した。

そもそもの始まりは、大雑把に言うと、

もっと深くサッカーの事を考えていきたい

せっかくなら、文章に書き残しておこうというくらいだったが、

続けていく中で、

サッカーの本質とは何か?

という問いを持つようになってきた。

それは、技術的な部分もそうなんだが、

育成年代の子ども達にとってサッカーとは何なんだろう

という根本的な部分。

ブログを書いていく上で、普段接している子ども達の姿が必ず頭にあり、

その子達にとってのサッカーの在り方を考えるうちに、

普遍的な何かを探したくなってきたというわけだ。

サッカーの本質とは何か?

もっと詳しく言うと、

育成年代の子ども達にとってのサッカーの本質とは何か?

この事を探りながら、コンテンツになるネタをかき集めるために、

たくさんの記事に触れ、たくさんの本に出会った一年だった気がする。

その中で、ようやく自分なりの答えというのも見つかってきた。

それは、

サッカーとは、自分らしい生き方を見つけるための道標である

という事。

生活するという枠の中で、日常のやるべき事を埋めていくと、

埋まらない余白ができる。

その余白を、子ども達はクラブに所属しながら、サッカーで埋めているように思う。

時間的にもそうだし、頭の中もそう。

余白と思われる部分が、実は生活・思考の中心みたいになっていて、

彼らの生き方に大きな影響を及ぼしている。

つまり、

サッカーが彼らの生き方に大きな影響を与えている

という事だ。

それは、それぞれの親の姿勢を見ていても分かる。

子ども達の好きな事であるサッカーを全力でサポートしようとする姿を見ると、

それだけ子ども達が一生懸命だ

という解を導きだす事ができる。

そう考えると、

生き方の道標になるサッカーを指導する事を仕事としている指導者の役割は何だろう?

と真剣に考えるようになった。

サッカーを通して自分らしい生き方を学び、

自分らしい生き方を学ぶ事でサッカーも上達していく。

この両輪をリンクさせる事ができないといけない。

ところで、

自分らしい生き方とは何なのか?

生き方とは、思考力と行動力だと思う。

どんな事を思い描いてだったり、どんな姿勢かだったり、どんな考えを持って、

行動(プレー)に結びつけているか。

みんなと同じではなく、自分らしさは、

自らの考えを、自らの意思で実行(行動)に移す事でできあがってくるように思う。

だから、指導者は、

サッカーを指導する中で、サッカーの技術的な部分だけでなく、

色んな事を伝え、子ども達に考える機会を与えてあげないといけない。

与えるものが少なければ、それだけ子ども達の受け取る選択肢は少なくなる。

選択肢が少ないという事は、それだけ似たり寄ったりの考え方になり、

自分らしさを見つけるのが困難になる

そんな気がする。

たくさんの選択肢の中で、自分らしさが見つかり、

それがプロになる事であったり、別の何かになる事だったり、

自分らしい生き方のヒントになってくれるのが理想だ。

そういった意味で、指導者の役割を自覚すると、

本当に責任ある立場上だし、

自分自身もどんどんアップデートしていかないといけないと感じる。

子ども達は成長していき、やがて大人になる。

小学生だったらちょうど10年後くらい。

そこを見据えて、自分自身が色んな事を吸収し、変化していかないといけない。

自分自身は、歳をとっていき生き方や考え方はどんどん堅くなっていくが、

いつも目の前にいる子は、10歳~12歳の子ども達。

変わってはいけない部分ももちろんあるだろうが、

目の前にいる子ども達に合うように、またその子達の10年後を見据えた上で、

変わらなければいけない部分(柔軟性)も当然あるべきだ。

改めて、このブログを見返すと、

そんな自分の気持ちの変化を素直に現しているように思う。

一年経った今、

紆余曲折を繰り返しながら何とか書いてきたこのブログも少し方向性が見えてきた。

このブログは、

自分がインプットした事をアウトプットする場になっている。

有り難いことに、

目の前には、自分が指導している子ども達が常にいて、

その子達の変化を感じながら、インプットとアウトプットを繰り返す事ができる。

生きた教材(子ども達)と教材(記事や本)をうまく照らし合わせながら、

サッカーが自分らしい生き方の道標

になるように、

今後も自分自身をアップデートしていく場としてこのブログを運営していきたい。

お陰さまで、

一年も続けると、かなりの人達がこのブログに辿り着いてくれるようになった。

理想を言うと、

発信するだけでなく、議論できる場にもしたいんだが、

実際のところコメントはたまに(笑)

新年迎えて数日経ったが、

2020年のブログ運営に向けて、今の想いを感じるままに書き殴ってみた。

読んでくださってるみなさん、引き続きよろしくお願いします。

一緒に子ども達の将来について考えていきましょう。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!