主体性と自己決定力がマインドを育てる

習い事としてのサッカーの幅が広がってきている。

試合に出場するためには、選手登録する事が必要で、

そのためにクラブに所属している

というのが基本。

そこから、スキルを伸ばすために、特化型のスクールがあったりする。

ドリブルスクール、ストライカースクール、GKスクール・・・。

そして、チームのメソッドを売りにしているスクールもある。

バルサ、インテル、アーセナル・・・。

クラブに所属しているが、自分に足りないものを補うためにスクールでカバーする。

この発想自体は、すごくいいと思ってるし、

自分の指導が全て正解とは思ってないので、

足りないと思われてる事に関して、

補わないといけない

という発想があっても仕方ない。

ただ、

行くことで本当に自分のプラスになってるのか?

絶対に行かないといけないのかはしっかり判断しないといけない。

確かに、身を置くことで成長する部分はあると思うし、

そこにいる指導者も、成長させたいと思ってるはずだから、

何かしら得るものはあると思う。

また、自分自身が知らない可能性に出会うかもしれない。

だが、

主体性がそこになければ意味がない。

それは、

身に付くべき何か=スキル

よりも、

主体性・自己決定力=マインド

の部分がずっと大事だと思うから。

何となくスクールに通い、スキルが身に付いても、

それはほんの一瞬の目に見える成長であって、

将来の成長に繋がるかどうかは未知数。

主体性を持ち、自己決定した上でスクールに通うなら、

目に見える成長とともに、目に見えないマインドの成長があり、

それは、将来の自分の人生のデザイン力にプラスになるはずだ。

選択肢が溢れていなければ、自分でやるしかないんだが、

選択肢が溢れているあまりに頼る事になってしまえば、

将来の自分の人生も何かに頼り続ける事になるかもしれない。

良い高校・大学・企業に入る事で安心という世の中ではなくなってきてるので、

主体性を持ち、自己決定した上で選択しているかが心配だ。

と言いながらも、子ども達自身が全ての事を分かっている訳ではない

という事も分かっている。

大人の役目として、気付いてない事を気づかせてあげる事も重要で、

そのために道筋を示してあげるために環境を与える

という発想も分からなくはない。

だが、

そこに至るまでの過程が、

ただ◯◯に行きなさいなのか、

しっかり会話した上で、子ども達自身が自己決定したのかでは、

同じ環境を与える事にも大きな差があるはずだ。

ありふれた選択肢や情報を取捨選択し、自己決定できる能力は、

サッカーにおいて、

判断し、実行(プレー)する事と似ている。

与えられ、頼る事に慣れてしまうようなマインドであれば、

スキルを身に付けても、そのスキルを活かすために

判断し、実行(プレー)する事をピッチの上ではできないと思っている。

逆に言うと、

ピッチの上で、判断や実行(プレー)を奪っては、自己決定できなく、

頼る事に慣れたマインドになってしまう。

ピッチ内とピッチ外は繋がっていると言うが、

それは、考え方(マインド)の部分だと思う。

主体性を持ち自己決定できれば、

自然とピッチ内とピッチ外は繋がるはずだ。

参考:ピッチ外の行動がピッチ内の自立に繋がる理由

遠征の際気をつけるべき事と得られる効果~ピッチ外とピッチ内は繋がっている~











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!