失敗を恐れない子を育てるための大人の役割

失敗を恐れる子。

逆に、失敗を恐れずに果敢にチャレンジできる子。

両者の違いが分かったら、すごく子ども達の成長速度をあげれると思う。

もちろん、その子達の性格的な部分はあると思うが、

あの子は◯◯だから

と性格のせいにしていては、どんどん成長の差を作ってしまう。

では、

失敗を恐れずチャレンジできる子

にするために指導者ができる事は何だろうか??

おそらく、

失敗を恐れる子と失敗を恐れるチャレンジできる子の違いは、

評価軸をどこに持ってるか

の違いだと思っていて、まずはそこを整理しないといけない。

失敗を恐れる子は、他人(指導者・親)から自分がどう見られているか

がめちゃくちゃ気になっている。

自分自身がそうであったように、

サッカーで言えば、試合に出るためにはどうしたら良いか?

勉強や学校生活であれば、

どうやったら成績を維持すればいいか?

優等生に見られるにはどうしたら良いか?

が重要になる。

こういう思考になってしまうと、

正解は、

言うことを聞く。言われた事を忠実にこなす。

になってしまう。

失敗しない事で、大きなリスクを背負う事なく、一定の評価をもらい続ける事で、

満足を得る。

昔は(今もあるかな)、怒ってやらせる・やらされるが当たり前で、

怒られないようにやる

が評価をあげる一番手っ取り早い方法だった。

今みたいに、指導者のライセンス制度も充実してないし、サッカー人口もそれほど多くなく、

突き抜ける事は難しかったが、

それなりを維持できれば、競争の中で良い位置を確保できたし、

勉強だって、教科書(先生の言う事)をある程度マスターできれば、

暗記するだけで、答えを出すのはそれほど難しくなかった。

つまり、評価を得るには、

サッカーにおいても、勉強においても質よりも量を重視してれば、良かった気がする。

チャレンジする事よりも、失敗しないためにどうすれば良いか

が大切だった。

だが、時代は進んで、指導者の質が向上した事、サッカー人口が増えた事により、

サッカーで良い位置を得るためには、

ある程度できる+突き抜けた何か

がないといけなくなっている。

勉強においても、それを活かすには、

成績を維持していい大学に入る

じゃなくて、ある程度の知識を持っていながらも、

自分はこれができますよ

という強みがないといけなくなっている。

こうなると、大事になるのは、

突き抜ける何かを得るため、強みを作るためにチャレンジする事。

失敗を恐れず、自分はどうすべきかを考える事ができる

自分なりの評価軸がないといけなくなる。

自分を客観視できる賢さを~「競争」に勝つ事と「自分軸」を持つ事~

だから、

指導者・先生・親は、

子ども達が、積極的にチャレンジできる環境を作ってあげなくてはいけない。

はみ出た子を怒って従わせて、自分の思うように動いてくれる子を評価するのではなく、

自分で考え、積極的にチャレンジできる子を評価してあげる。

こんな姿勢が重要なんじゃないかと思う。

そうすればきっと、子ども達は他者(指導者、先生、親)の評価軸で生きる事なく、

自分自身の評価軸をもって生きていけるだろう。

これから先の時代において、ますますこの考え方は重要になってくる。

サッカーでの学びが人生の学びになるように、チャレンジし続ける環境を作ってあげたい。

参考:サッカー少年に不必要な「評価」という見えない敵~評価に対する考え方~











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!