型や武器を持った個とチームを育成するには

あのゴールは、◯◯らしいゴールだ。

あのパスは、◯◯にしかできない。

こんな言葉で形容される選手は、

型や武器を持っている。

逆に、

あのシュートの外し方は◯◯らしい

というシーンもたくさん見るんだが、

マイナス面で形容される面については、

それも個性

くらいでとどめておこう。

型や武器を持ってる選手は強い

ということは、誰も否定はしないだろう。

でもなぜ強いかって問われると、

おそらく、

分かってても止められないからでしょ

という答えになると思う。

でも、この分かっても止められないにもきちんとした理由があると思っていて、

この理由を整理する事が、

型や武器を作るために有効な手段になると考える。

型や武器の考え方

まず、型や武器を作るのには、2つの手段があると思っている。

・とことん練習して磨きあげる。

・感覚や天性のもの。

この両極端な2つには、共通点がある。

それは、

プレー基準がある

という事。

その基準というのは、

シュートであれば、ここにボールを置くだったり、

ドリブルであればこの間合いだったりするんだが、

基準があるから、

1つの事を磨きあげれるし、感覚や天性も研ぎ澄まされる。

そして、それが型や武器として

分かってても止められなくなるのは、

分かっていても

それを警戒する

という一瞬の躊躇が生まれるから。

サッカーの大事な要素に「駆け引き」があると思うんだが、

基準のない「駆け引き」は、「駆け引き」として成立しないと思っている。

例えば、

ゴールを意識してるから(基準)、相手はそれを警戒し、逆取りができる。

危険なパスを通そうとするから、逆を取ってドリブルができる。

型や武器もこれとよく似てて、

その型や武器が、ある基準を持っていて、

それが相手にとって脅威だからこそ、

一瞬の躊躇が生まれ、

型や武器として分かっていても止められないプレーになっていく。

だから、

型や武器というのは、

◯◯が得意というものではなく、

相手にとって脅威になっているか?

という部分まで定義付けしないといけないと思う。

型や武器を作るための取っ掛かりは?

では、基準を持って磨きあげれば、

型や武器になるか

と問われれば、

正解でもあるし、不正解でもあると言える。

キックが苦手なのに、

しっかり基準を持ってシュートを型や武器にしたと思っても、

肝心な得点に結びつかなければ、

相手にとっては脅威ではないし、

それは、型や武器を定義付けした中で考えると、

本当の意味での型や武器とは言えない。

という事は、

型や武器を作ろうとする時の取っ掛かりは、

自分の得意・特徴は何かを知る事から始まる。

ドリブルが好きだから

シュートが好きだから

という好きな気持ちも大事だが、

なかなかうまくいかない事を磨くよりも、自分に適したものを磨いた方が、

より磨きはかかってくる。

成功体験が多いから好きになるというパターンが多くて、

好き=得意

というのが多いとは思うんだが。

まとめ

型や武器を作るというのは、

個性を活かす事

に繋がると思うが、

個性が際立つ選手を見る機会は意外と少ない。

自分達の頃よりは、格段にうまい子が多いんだが、

それぞれが同じに見えるし、

チームカラーに染まりきった選手さえいる。

もちろん、原理・原則を教える事は、子ども達の選択肢は広げる事に繋がり、

一定水準のプレーを約束するんだが、

詰め込むだけで、そこから外にはみ出せないと個性は輝かない。

自己表現力の問題もあるだろうし、

それぞれの個に応じた色んな面からのアプローチが必要だ。

個性を伸ばし、それぞれが型や武器をもったチームは、

約束ごとで縛られたチームより脅威を与えるだろう。

そんな型や武器を持った個が輝くチーム作りをしていきたい。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!