チーム力を高めるためのメンバー構成の考え方

試合の時、先発メンバーとして出場するのに拘りが強い子ども達。

指導者からすれば、

1試合をトータルで考えてるし、対戦相手によっては、

◯◯より、◯◯でスタートした方がゲームプランが立てやすい

という考えがあったりするんだが、

そんな意図までは、なかなか子ども達には伝わらない。

それは、先輩メンバー=評価の順番

という構図が子ども達の頭の中で出来上がってるから。

よく大会前(大会期間中)は、

先発メンバー(出てるメンバー)だけでは勝てない

と言う。

それは、出てない子をフォローするための温情でも何でもなく、

本当に思ってる事実で、

チーム全員が高いモチベーションを保ってないと一体感は生まれる事なく、

チーム内に綻びが出てしまうから。

試合に勝つためには、それぞれが最高の準備とパフォーマンスを発揮する事が必要だ。

それでも、先発メンバーに拘りが強い子ども達だから、

多少のモチベーションの違いはあるはず。

ここで

先発メンバー=評価の順番

と思ってる子ども達の気持ちを逆手に取ってみる。

先発メンバーをその週のパフォーマンスやコンディションが良い選手

で選んでみると、

子ども達のモチベーションは1ギア上がってくれる。

もちろん、ゲームプランも考えるんだが、

子ども達をよりゲームの中で躍動させようとするなら、

モチベーションが高い子を選んであげた方がいい。

これができるのは、大前提として、

1人1人の力に大きな差がない

という事があるんだが。

自分がプレーしてた時も、

同じように、モチベーションをコントロールしてもらっていた。

パフォーマンスが高いと感じてた時は、しっかり先発メンバーとして出れたし、

パフォーマンスが低かったり、モチベーションが低かったりした時は、

ベンチメンバーを外される事もあった。

参考:「評価のズレ」への対処法~信頼を勝ち取るには~

メンバーを固定化すると強化はしやすいし、

調子がいい時は、結果が出やすいと思う。

だが、大会を通してすんなりいく事はほとんどなく、

結局はチーム力が勝つためのキーになってくる。

先発メンバーが変わる事で、競争心を煽るわけではないが、

誰が今週スタートだろう?

と思わせるワクワク感は、子ども達のモチベーションを維持してくれるはずだ。

むしろ、公式戦なんかの時は、いつも以上にモチベーションが高くなるし、

大会期間の中で、一回り大きな成長を見せてくれる。

そして、それがチーム力として底力を発揮する時の原動力にもなってくれる。

チームとして戦う以上、

全ての子ども達が大事な戦力だ。

モチベーションを維持するために、できるだけ全ての子を試合に出そうと思ってる。

けっこうロースコアでも全ての子を出場させる事が多い。

それは、子ども達の事を信じてるから。

だから、子ども達にとっては、

先発メンバー=評価の順番

だろうし、そこをうまくモチベーション維持のために利用もするんだが、

先発メンバー=評価の順番

じゃないという事もしっかり伝えないといけないと思う。

参考:メンバー発表における指導者と子ども達の心境











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!