サッカーにおける知的持久力を身に付けるための「言語化」と「質問力」

現Jリーグチェアマンの村井満さんがあるインタビューで、

「サッカーほど知的持久力を必要とするスポーツはない」

と言われてた。

大人であれば、90分。

ジュニアサッカーでも40分。

刻一刻と状況の変化に対応してプレーを選択しないといけないので、

課題を発見して解決し続ける力=知的知的持久力

が必要なのは、納得がいく。

一方、サッカーは瞬間的なひらめきだったり、

考えた末に出たプレーなんだなとは到底思えないような

感覚によるプレーにも面白さがあり、

プレーが全て思考の上で完結される

という考え方だけではいけないという気もする。

でも、そんなプレーも

ずっと紐解いていけば、色んなプレー経験や、

思考の足跡の積み重ねの上で、

ある瞬間に感覚的に研ぎ澄まされてプレーで表現されたもので、

ベースにはやはり、

経験や思考の積み重ねが大きく関係していると思う。

参考:積み重ねた経験と思考の足跡~インテリジェンスさを発揮するには~

知的持久力をつけるために、

常に思考する力(思考力)が必要という事だ。

だが、子ども達に思考力を身につけさせるのは難しい。

考える習慣は、

サッカーの現場だけで養われる事はないし、

むしろ、日常生活の大部分を占めている時間に依るものが大きい。

だから、スタンス的には、

思考力を身につけさせるためにサッカー現場で変えてやる

という肩ひじ張った感覚はないんだが、

そこを変えていく仕組みは、サッカー界が今後抱える課題であるし、

知的持久力が必要なスポーツだからこそ、

サッカーで育った人材が、担っていくべきかなとも思う。

セカンドキャリアの問題も、子どものうちからの底辺教育が必要と思っている。

引退してからでは、遅いから。

参考:プロサッカー選手の引退後~本当の覚悟の意味~

話が少し飛躍してしまった。

この事については、ほんとに思う事がたくさんあるので、

どこかの機会で記事としてまとめよう。

元に戻り、

知的持久力をつけるためのベースになる思考力を育てる事を

サッカー現場の中から考えてみる。

と言っても、活気的なアイディアはないんだが、

単純に、考える機会を作るという事が必要だろう。

その時に、キーワードになると思うのが、「言語化」「質問力」

昨日の記事と少し似ている部分はあるけど、

どんな「言語」を使うのかで、

子ども達の知的好奇心をくすぶるのか、くすぶらないのかは大きく変わると思う。

近頃の言葉で言うと、

ハーフスペース

という言葉があるが、聞き馴染みのない言葉をあえて使う事で、

知的好奇心がわくと思う。

そして、

なら、ハーフスペースを有効に使うに使うにはどうしたらいい?

「質問」をする。

少なくとも、

この辺のスペースを使いなさい

と言うよりは、考える機会の確保に繋がっているはずだ。

結局は、こういうことの積み重ねで、考える習慣を与えていくしか

知的持久力はつけられないと思っている。

そこには、本人自身の知的好奇心や考える力も必要だろうけど、

指導者ができる事もある。

そのことを忘れないで、

言ってしまえば(答えを与える)簡単な事も、

遠回りして考えさせる機会を作り出すようにしていきたい。

参考:「言語化」できる事についての奥深さ

「なぜ?」という言葉の魔法~受け身からの脱却~











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!