子ども達は指導を写し出す鏡

子ども達は、自分の指導の欠陥を教えてくれる鏡みたいなようなもの。

伝え方が悪いと急に動きが悪くなるし、

伝わってると急に動きががらりと変わる。

自分としては、伝えたい事は同じなのに、

伝え方の内容で、動きが変わってしまうから、

どんな言葉を使うか?

達成したい目的のためには、何にフォーカスして伝えた方がいいか?

こんな事を、

子ども達の理解度(動きの良し悪し)を見ながら、確認していかないといけない。

最近のトレーニングの中で、

適切なポジション取りをさせたい

という目的があった。

参考:位置の優位性を活かしたポジションどり

適切なポジションを取らせたいのは、

できるだけ優位な状態で、ゴールに向かう回数を増やしたいからだったんだが、

優位な位置取りができる

→相手との駆け引きで主導権が握れる

→駆け引きで主導権が握れるので、敵の背後を奪いやすくなる

→敵の背後をとってゴールに向かえる。

(背後が取れない場合は、フリーで前を向けるのでゴールに向かえる)

こんな感じで、

トレーニング内容も含め、伝える順番を整理してたつもりだが、

位置取りをしなければいけない

で頭が一杯なのか、極端に背後をとるプレーが減ってしまい、

足元で受けたがる

という現象が起きた。

確かにトレーニングの中で、ポジションを意識してるのは分かるし、

相手やスペースを確認してる姿も見えたんだが、

一番ゴールに向かう回数が増えるであろう、敵の背後をとるプレーが出てこない。

ディフェンスからしたら、それは駆け引きがない状態と一緒で、

背後を気を付けないでいいなら、当然ボールが入ったところを待ち構えて、

激しくプレッシャーをかける。

そうなると、たとえいいポジションを取れてたとしても、

思うようにプレーする事はできない。

プレーの悪循環に繋がってしまった。

なので、もっとシンプルに整理してみた。

まずは、敵の背後を積極的に狙おう。

敵の背後を取るには、どういう位置取りをすればいい?

その上で対応されたら、どういうポジションを取ればいい??

こうなった時に、しっかりポジション取りの基準が明確になったのか、

子ども達が積極的に駆け引きの中で、背後を取る、

ダメならフリーで受けるポジションを考え始めた。

参考:サッカーにおける【駆け引き】が上達する方法

結果、

優位な状態でゴールに向かう回数が増えるようになった。

こんな感じで、目的(テーマ)は、同じでも伝え方1つで、

子ども達の理解度は全く別物のように変わってしまう。

こんな子ども達との意識のスレ違いはしょっちゅうあって、

何でできないんだ!!

と思う事もあるんだが、それを子ども達のせいにしても先へは進めない。

指導者が向き合うべきは、目の前の子ども達なんだな

とつくづく思う。

指導書に書かれた事を、指導書通りやってて、伝わらなかったら、

子ども達のせいなのか??

それは違う。

指導書に書かれてる事は、目的(テーマ)があって、こうしたらいいよ

くらいのアドバイス。

そのくらいのもんだと思って、

伝え方は、目の前の子ども達に合わせないといけない。

子ども達のプレー(理解度・反応)を見て、自分の指導を振り返る。

まさに、子ども達は自分の指導の鏡みたいなものだと思う。

参考:質問によるイメージの共有と創造力の育て方











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!