自信を持って自分(自分達)に向き合うための考え方

客観的に考えられてる事(情報)と、主観的に見えてるものには大きな違いがあって、

この「違いがあること」の理解は重要だと思ってる。

まわりくどい表現をしたけど、例えば、

Aチームは強い。Bチームは大したことない。

あのチームは、めちゃくちゃ強い

あのチームは、大した事ない。

他チームから見えるものと、自チームとして感じるものには違う事もあるはずだ。

客観的に語られる事というのは、まあまあ正しい事もあるけど、

基本的には、噂程度の価値しかないものと捉えた方が良くて、

この客観的情報に踊らされて、

自分達が実際見えてる・感じてる事がブレてしまう事は

大きな危険をはらんでいる。

これは、決して客観的な考え方(情報)を否定しなさい

というわけではない。

客観的な考え方の中には、正しい情報もあるだろうし、

自分(達)のためになる事もあるのも事実。

そこで、大切になるのは、

客観的な情報(考え方)を取捨選択できる事

そのためには、

軸がブレないような考え方(見方)を持ってる必要がある。

そうすれば、

主観を大切にしながら、良し悪しの判断ができるようになるだろう。

先日の記事では、

Bチームが優勝候補のチームに勝った事について書かせてもらったが、

参考:公式戦の意義をプレーヤーズファーストの観点から考える

過去にも同じような事を何回か経験した事がある。

AチームとBチームで県大会の決勝を戦ったこと。

AチームとBチームがそろって九州大会に出場した事(県で4チーム出場)

あえて、Aチーム、Bチームという表現をしているが、

自分を含めて、子ども達も

俺はAチームだから(強い)、俺はBチームだから(弱い)というような、

固定観念(客観的に考えられてる事)に惑わされる事がないから、

このような事実が生まれるはずだ。

自信というのは、大きな力で、

客観的な考え方に振り回されて、自分達を信じれなくなったら、

自信などつくはずがない。

この場合、

自分達の取り組みこそが、自分達を信じるための軸になってるはずだ。

その中で、一生懸命自分(自チーム)に向き合っていけば、

Bチームだから

という考え方は消える。

そうなると、もはやAチーム、Bチームではなく、

1つのチーム

という事になる。

特に、自我が確立されてない発達段階の子ども達にとって、

周りの考え方(情報)は、

考え方や物事の捉え方を大きく変えてしまう。

だからこそ、傾聴する姿勢も必要なんだが、

何を聞き入れ、何を聞き入れないかの判断の仕方(判断基準も含めて)は、

大人が教えてあげないといけない。

また、子ども達は大人の感情を読み取る力がある。

そのチームには勝てないだろう

と実は思ってて、

頑張れば絶対勝てるよ!

なんて言っても、

その微妙なニュアンスは子ども達に少なからず伝わってしまう。

過去何度かの周りから見たらすごいと思われるような結果は、

子ども達にとっては、

絶対無理ではなく、あり得る結果だと思っていたはず。

それは、自分もそう。

いくら自信があっても負ける事もあるし、

むしろ、負ける事の方が多いのが勝負なんだが、

あり得る結果

と思える事が大事だと思う。

時には、その自信が妙な方向に働いたりもするけど、

自信が過信にならないような裏付けがあればいいんだろう。

それは、自分達を信じて積み重ねる事なんだと思う。

これからも、

自分(自分達のチーム)に自信をもって前進できる集団でありたい。

参考:トレーニングにおける積み重ねの意識の違いと意味付けの大切さ











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。