サッカーにおけるコミュニケーションでの言葉の重要性

コミュニケーションをとる時一番大事になるのは、言葉の使い方。

言葉の使い方は、

どんな言葉を使うか?

その言葉でどう伝えるか?

で相手(子ども達)への伝わり方は大きく変わってくる。

小学1年生と6年生だったら、知ってる言葉の数は違うわけだし、

伝えるポイントも言葉を選びながら学年に合わせないといけない。

なぜ言葉を重視してるのかは簡単で、

悪い言い方をすると、コミュニケーションは態度や表情なんかで誤魔化す事ができるから。

子ども達は、大人の気持ちを察する能力が意外と高いので、

あっ、機嫌が悪いな。今はちゃんと聞かないと

というように、子どもなりにコミュニケーションを円滑にする努力をする。

本当は、そんなのはコミュニケーションじゃないんだけど、

それでお互いの関係が良くなればコミュニケーションをとれてる

という勘違いが起こるわけだ。

もちろん、コミュニケーションをとる上で、態度や表情は重要で、

子ども達の心を開くには、

機嫌悪い表情より、ニコニコしてる方が、

すんなり受け入れられる準備ができる。

でも、それだけで、一番大事な「言葉」が伝わらなければ、

意味はない。

サッカーの場面において、コミュニケーションは、

指導者から子ども達という方向が多く、

指導者が伝え、子ども達は受け取り、プレーで表現する事で

コミュニケーションが成立してるかを見極めないといけない。

参考:コミュニケーションの目指すべきゴールとは

こっちはちゃんと言ったのに、何でできないんだ!!

と思う場面があった時に、

伝え方が悪かったから、別の言葉でアプローチするのか

言っても分からない子ども達が悪い

と思うかで、子ども達との信頼関係はどんどん変わっていく。

参考:コミュニケーションの目指すべきゴールとは

書きながら、反省している点なんだが、

いくら自分で噛み砕いて伝えようとしても、

子ども達に伝わらない時はたくさんある。

その時に、コミュニケーションをしっかりとろうという態度を指導者(自分)が持っていれば、

もっと、伝える事に関して言葉選びをするだろう。

その繰り返しで、言葉の選び方・使い方が分かるわけで、

そうやって指導者(自分自身)も伝えるプロとして成長していかないといけない。

言葉は、その人の経験値がそのまま映しだされる鏡のようなもんだと思う。

それを言葉として出せるかどうかも考慮しないといけないが、

経験が乏しかったら、言葉で伝えるための引き出しは少ないのは当然だ。

経験とは、実体験によるものと、非体験で得られるものがある。

実体験も大事だが、古い実体験は言葉で伝える時気を付けないと、

時代に合わず、子ども達が受け入れる事が難しい事がある。

非体験で得られるもの。

これを意識している。

本やインターネットからという事になるんだが、

サッカーに関わらず、色んな事をインプットする事で、

言葉の引き出しを増やしているところだ。

引き出しの中に詰め込んだ知識を、どんな言葉を使って伝えようか

と考えるのが楽しい。

たまに(ではないか。。。)一気に伝えようとして、話が長くなりがちだが、

それもコミュニケーションをとる上では考えないといけない事。

指導者(自分自身)も常に成長しないといけないと思ってるところである。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。