トレーニングの意味を再確認させられた出来事

監督とコーチの役割は全然違っていて、

監督の立場になると当然プレッシャーもかかってくる。

うちのクラブは、代表がU-12の公式戦の監督で、

そこから下のカテゴリーは、担当学年のコーチが監督として公式戦の指揮をとる。

監督の立場も、コーチの立場も公式戦を経験できるという感じ。

今週から始まる新人戦は、監督として公式戦の指揮をとる事になる。

大体U-11を毎年担当させてもらっているんだが、

毎年、全少の県予選が終わって翌週が新人戦の開幕になる。

全少には、毎年数名U-11から出場する選手がいて、

全少が終わり、やっと合流できて、翌週には大会。

正直、チーム作りをしている時間はない。

監督としては、しょうがないと割りきらないといけないが、悩ましい問題だ。

今年は特に多くの子達が全少メンバーに入る事ができたし、

年度始めの段階から、その子達含め、

数多くの子達がチャレンジする機会を得る事ができたので、

継続的に同じメンバーで試合をした経験がない。

だが、ベースはチーム作りよりも個の育成にフォーカスしてるので、

試合数をこなしてればチームとして劇的に変わる

という事はない。

ちょっとした呼吸のズレやテンポのズレはあるにしても、

チーム力を点数化してみたら、さほど変わらないとは思っている。

とは言ってみたものの、

今週のトレーニング、トレーニングの中でのゲームを見ると、

やはりチグハグさがある。

チームとして共通意識を持たせるために、

言葉で整理して伝えても、

頭では理解してるつもりだろうが、ズレは起こってしまう。

この事が教えてくれるのは、

トレーニングの積み重ねがゲームに反映される

という当たり前で、シンプルな事。

いきなりゲームで

じゃあ◯◯やってみよう

と言ったところで、個人レベルでの整理は出きるかもしれないが、

チーム(グループ)としては、合わない部分が出てきてしまうのは当然だ。

一番手っ取り早いのは、ゲームで修正する事じゃないし、

むしろ、手っ取り早い方法なんかなくて、

少しずつトレーニングの中で意識のすり合わせていくしかない

と今さらながら感じてる。

焦ってもいけないんだな。。。

色んなアプローチをしながら、1週間でチームとして機能させる事を目標にしてたが、

もう一度、トレーニングの中で方向性を確認しようと思う。

まとめると、

全ては、日常のトレーニングに詰まっている

という事だ。

参考:考えるサッカーには、基準の設定と日常の意識づけが必要











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。