「育てる」という言葉にどう向き合っていくのか

子ども達を「育てる」と言ったとき、

この「育てる」という言葉を捉える際の、幅をいつも考えさせられる。

しっかり手取り足取り教えてあげて成長させていく

というのも「育てる」

という事だし、

敢えて、手から離し自由に伸び伸びとプレーさせてあげる事も

「育てる」事だと思う。

色んな教育書をあさったり、インターネットで調べたりすると、

どちらかというと、「育てる」の意味は、

後者の考え方に寄ってきてると思うし、

大量生産の時代を終え、より個人がフォーカスされる時代において、

「自由」「発想・想像力」は大きな関係性があると考えている自分にとっては、

後者の考え方に納得する部分が多い。

参考:昨今の教育の変化から感じる「考える事」の習慣化の必要性

だが、実際の指導現場で子ども達と向き合ってると、

それだけではいけないという部分が多々あることにも気付く。

「自由」と引き換えに、子ども達は、

わがままになったり

あるいは、

反対に自由の使い方が分からず、膠着という状態になったりする。

わがままになる原因は、

枠や型がない「自由」を与えてしまうからだろう。

トレーニングにおいて考えると、

練習メニューだけ与え、テーマも目的もなくただやらせている状態がこれに当たる。

一見、「自由」な発想を大事にしてるように見えがちだが、

それでは、「育てる」とは言えない。

「自由」を与えて膠着してしまう状態も同じ事が言える。

テーマや目的がはっきり分からないから何をすればいいか分からず、

膠着してしまう状態になってしまうはずだ。

話しを少しとばしてみるが、

勉強する事において基礎学力を高めておく事は大切だ。

基礎学力がしっかりしているからこそ、

応用問題への対応ができる。

基礎学力というのは、

勉強をしていく上でしっかり固めておかなくてはいけない土台のようなもの。

土台を固めるには、コツコツ同じ事を坦々と積み上げていく事が大切で、

それは、ある意味

手取り足取り言われた事を忠実にこなしていく事に似ている。

だから、「育てる」の幅を考えた時、

しっかり教え込む事から、

「自由」にチャレンジさせるために手を離してあげる事まで

「育てる」には大きな幅があって、

その幅の中で、指導をしていかないといけない。

それは、時と場合にもよるし、子ども達それぞれに対して柔軟に使い分ける事も必要。

「育てる」事の難しさは、まさにこの解釈の幅にあるし、

対個人だけじゃなく、対集団を動かさないといけないチームスポーツは、

「育てる」というテーマに対して、

チャレンジと失敗を繰り返しながら、

子ども達とともに成長していかなければいけないと感じる。

こうなってくると、

「育てる」の答えなんてなくなってしまう。

敢えて今、自分自身が「育てる」を言語化しようとしてみても、

「育てる」の幅を意識しながら、「自由」と「規律(教え込む)」を使い分ける

というくらいしか言いようがない。

参考:「柔軟さ」を身に付けるための「自由」の必要性

言ってしまえば、

それだけ「育てる」事は難しい事であり、

難しいからこそ「育てる」にかかる責任も重い。

「指導者は学ぶことをやめてはいけない」

という有名な言葉があるが、

学ぶのをやめてはいけないのは、

サッカー界が変化していくからだけでなく、

「育てる」が答えのない難しいものだからこそ

という解釈もできるんじゃないかと思う。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。