「言語化」できる事についての奥深さ

筑波大学蹴球部の監督、現役学生の子、そして東京スクールのスタッフで会食をした。

いくつも勉強になる種が話の中に転がってたんで、

頭の中の整理とともに、このブログに書き残しておこうと思う。

監督は、自分が学生で1年生の時の4年生。

小井土さんという方で、エスパルス・ガンバなどのコーチを経て、

現在蹴球部の監督をされている。

小井土さんの話の中で、一番刺さったのは、

「言語化」できる能力の話。

「言語化」と言っても、単純に技術・戦術を切り取って、

伝える事ができるかどうかではないという事。

例えば、技術的な話で言うと、

◯◯だから、こう止めて◯◯を意識してボールを蹴る

であったり、

戦術的な話で言うと、

◯◯な状況の時は◯◯だから、◯◯を選択しよう

というような感じ。

技術も戦術も細分化し、言語に落とし込む事が

「言語化」する際に自分自身が気を使ってた部分だったんだが、

もっともっと深い所に「言語化」の意味があるように感じられた。

大前提として、「言語化」するためには、知識がないといけないという事。

「言語化」できる事の意味は、共通認識を持つ事など色々あると思うが、

参考:脳をフル活用する事のすすめ~「言語化」と「論理的思考」~

「言語化」することで得られる3つの効果

根本は、どれだけ相手に伝えれるか?

という事にある。

相手を納得させるには、正しい知識と根拠がないといけない。

知識の引き出しが多いほど、点と点の事実を繋ぎ合わせて線にできるわけで、

そもそもの点の数が少なければ、根拠としての線は繋いだところで真っ直ぐにはならない。

もっと勉強した方がいい。知らない事がまだまだあるはず

と言ってくれた言葉には、すごく重みがあった。

また、その重みを感じられたのは、

「指導者としての信念」の話をしてもらったからというのもある。

どんどん知らない事を勉強し、自分なりの答えを探していくと、指導者としての信念が出来上がってくる

と言われてた。

リトリートしてカウンターでも、ポゼッション率を高めるでもいいんだが、

こういうサッカーがしたいという信念にブレがあるといけないとも言われてた。

この信念なるものが、言葉にさらに重みを与え、

相手に伝わる言語になっていくんだろう。

だから、さらっと分かりやすい言語で伝える事が「言語化」ではなくて、

自分の信念まで引っくるめて相手(選手)と向き合う事が

「言語化」(して相手に伝える事)の本質なんだと思う。

自分の解釈はこうなんだが、もっと深いものがあるかもしれない。

とりあえず、「言語化」について感じた事をまとめてみたが、

その他にもたくさんのためになる話がある。

それは、次回のお楽しみという事で。

一緒に来てた学生の子も素晴らしい感性をもっていた。

この事についても追って書こうと思う。

日常にない刺激は、たくさんの気づきを与えてくれる。

小井土さんが言った勉強しろの意味には、

目の前の事が一番大事だが、

日常から脱却する勇気を持てという事も含まれてると思う。

サッカーは答えがないから面白いんだが、

自分なりの感性は磨き続けないといけないと思ったところだ。

「言語化」する事の奥深さを学べたきがする。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!