「柔軟さ」を身に付けるための「自由」の必要性

サッカーにおいて「柔軟さ」を身に付ける事はは大切だ。

相手によって柔軟にプレーを変化させる事ができる。

ゲームプランの変更に柔軟に対応できる。

ポディションが変わっても柔軟にプレーする事ができる。

このような対応ができるようになるには、思考の柔軟さも必要だ。

ゲーム分析が当たり前になってきたし、

これからプレーのデータ化もますます進んでいくだろうし、

「柔軟さ」は、これからのサッカーにおいてキーワードになっていくんじゃないかと思う。

子ども達の思考は柔軟だと言われる。

人の思考は、経験則に頼る事が多く、

子ども達は、ある意味経験が浅く、思考する事にしがらみがない。

だとしたら、次のキーワードになるのは「自由」

全くルール・制限のない「自由」は、ただのわがままに繋がる恐れがあるが、

「柔軟さ」を身に付けるための「自由」の必要性について考えてみたい。

トレーニングでの気付き

こう思ったのも、今日のトレーニングの中で、「柔軟さ」に差が見えたから。

はじめのウォーミングアップで、新しいメニューをやってみたが、

柔軟に対応できる子は、

このトレーニングでは何を意識すべきか?

というのを自分なりに考えてプレーに移す事ができる。

逆に、柔軟に対応できない子は、

トレーニングの大枠は理解できるんだが(最初に説明するので)

ボールを受ける前に動き出しをやる

コントロールの質を変えてみる

などをプレーの中で意識する事がなく、

ただ淡々とメニューをこなす。

参考:個の成長に必要な3つのキーワード~「自信」「柔軟さ」「謙虚さ」~

これは、自分の反省でもあるんだが、

「自由」に発想させる機会の不足にあるんじゃないかと思う。

トレーニングを成立させるためには、

ある程度、◯◯しなさいという制限も必要だと思うが、

目的が、トレーニングの見栄えになってしまうとついつい◯◯しなさいが多くなってしまう。

こうなると、子ども達は考える事をやめ、

完全に受け身状態になる。

そんな状態からは、「自由」な発想を引き出す事は難しくなるし、

「柔軟」に対応する事もできなくなってしまう。

どこまで踏み込むかを考えながら指導するんだが、

できるだけ「自由」を与えないといけないと反省してしまった。

「柔軟さ」を身に付けさせる工夫

だが、「柔軟さ」を身に付けさせるために工夫している事もある。

それは、

・できるだけ同じメニューを繰り返さない事

・ゲームの時複数のポディションをやらせる事

この2つだ。

もちろん、反復によって得る技術もあると思うから、

反復するメニューもあるんだが、

それ以外は、テーマをぶらさないが、メニューは変えるようにしている。

メニューの固定化によって、プレーがパターン化すると「自由」な発想が生まれないし、

実際のゲームで、「柔軟」にプレーする事はできない。

また、ゲーム中に複数のポディションをやらせるのは、

ポディションをすぐ固定化したがるから。

参考:少年サッカーにおいてポディションの固定化は必要か??

自分の得意な・やりやすいポディションをやるのはいいんだが、

ポディションを変える事で、見える景色も変わるし、

場面場面でのプレーの選択も変わってくる。

何をしなければいけないのか?

を考える事が多くなれば、それだけ「柔軟さ」は身に付いていくもので、

ポディションの固定化による思考の制限は、

子ども達の「自由」な発想と「柔軟さ」を奪っていくと思っている。

まとめ

今日のトレーニングで感じた「柔軟さ」の差は、すごく大きな課題だと思う。

それは、練習の合間にも見えて、

トレーニング間の移動も、

継ぎのトレーニングに移る時も、

自ら動こうとする子と、指示待ちの子と大きな差がある。

ピッチ内・外での「自立」を口酸っぱく言ってはいるんだが、

言うだけでは、なかなか「自立」には繋がらないというのが、

今日改めて感じたところ。

参考:ピッチ外の行動がピッチ内の自立に繋がる理由

色んな場面でこちら側から、「自由」の範囲を広げてやり、

「柔軟さ」をもっと引き出してあげないといけないと思っている。

まぁ、こういった努力も、

週数回のサッカーの練習時のみでは難しい部分があるのは分かってるんだが。。。

極論を言うと、

サッカー以外の時間を多く過ごす、学校・家庭の教育の在り方にもメスが入らないといけないと思う。

少なくともサッカーだけは伸び伸びやって欲しい

という気持ちを持って指導するのみだな。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。