意志の力が与えた責任感

いよいよ今年も全国大会を目指す大会が始まった。

全日本U-12サッカー選手権大会熊本県予選。

ジュニア年代のチームが目標とする大会である。

昨年、自チームは全国大会3位という結果を残す事ができた。

これは、現サガン鳥栖の松岡大起が6年生の時と同じ成績で、2回目。

参考:松岡大起という男~夢を実現させたのは必然だった~

「日本一」を本気で目指しているチームなので、

この大会には、毎年強い思い入れがある。

それは、子ども達・指導者・保護者の方、みんな同じ。

そんな大会の開幕戦。

ゲームに帯同したのは、ソレッソ天草だったが、

素晴らしいゲームを見せてくれた。

大会までの歩み

今年の夏、ある話が持ち上がり、

ソレッソ熊本とソレッソ天草を合同にし、この大会を目指す試みがスタートした。

同じソレッソとして、子ども達が「日本一」を目指すチャンスを与えるため。

地理的には、1時間半くらい離れてるが、

夏休みの強化期に、一緒に合宿・遠征を重ねる中で、

熊本の子と天草の子をフラットな目線でメンバー選考をしていく。

両チームの子達にとってプラスの側面もあるが、

同時にマイナスの側面もある。

「チャンスを掴まないといけない」

という無言のメッセージは、

頑張る子の背中を後押しするが、

それがプレッシャーになったり、別の感情を引き起こしたりもした。

そんな状況で始まった夏の強化期にだんだんと変化が見えてくる。

天草の子達は、やっぱりソレッソ天草の仲間とチームとしてサッカーをやりたかったようだ。

その中の1名は、最後まで熊本で全国大会を目指したいという事で、

熊本の選手として出場する事になるんだが、

その他の子達は、子ども達の気持ちを尊重し、ソレッソ天草として大会に出場。

今振り返ると、この夏の出来事が、

よりチームとしてのまとまりを強くしたんじゃないかと感じる。

力を発揮できた理由

以前も、ソレッソ天草の公式戦に帯同した事がある。

その時は、力があるにも関わらず、全く力を出しきれぬまま敗退。

日常の甘さ、経験の少なさ、まとめると、チームとしての未熟さをとても感じた。

ほぼ同じ小学校の子だけで構成されてるので、仲が良い事はいいんだが、

「競争心」「向上心」は、熊本の子達と比較すると足りない部分が多く、

そのギャップに戸惑う事もよくあった。

そんな子達が自分達で下した決断が、

「ソレッソ天草で大会に出たい」という事。

その想いが、この大会の初戦でしっかり形に現れた。

公式戦特有の初戦の緊張感はなく、

むしろ、練習では見せない気迫を見せプレーをする。

前回、力を出せぬまま終わってしまった事が嘘かのように躍動してくれた。

気持ち1つでこんなに子ども達は変われるんだなと思う瞬間だった。

おそらくだが、子ども達も自分達で出した決断に責任を持ちたかったんだろう。

夏、熊本の子達と一緒の時は、物怖じして表現できなかった自分を、

それぞれが一生懸命表現してくれたと思う。

結果論になってしまうが、無理して熊本の子達と一緒に大会に出ず、

天草として大会に出た事は、子ども達に

「責任を持つ」という事を教えてくれたんじゃないだろうか。

自分達の下した決断に責任を持てた事が、

公式戦で力を発揮する

という事に繋がったんだと思う。

参考:公式戦初戦あるある~上手くいかないを解決するには??~

まとめ

この事実で大切なのは、

「子ども達の意志」というところにある。

色んな思いを持って、自分達が天草の子達のために準備した環境も、

子ども達がその気じゃなかったので、よい方向には進まなかった。

それは、ゲームをしている子ども達を見れば一目瞭然。

力はあるはずなのに、なぜか発揮する事もできないし、自分を表現する事もできない。

心のどこかにある引っ掛かりがそうさせたんだろう。

だが、天草として戻った時に、

しかも大事な公式戦で、しっかり力を発揮する事ができた。

行動を起こす原動力は「意志の力」という事を教えられた気がする。

だから、これから進んでいくこの大会も、

「本気で日本一を目指す」

という強い意志がないと絶対に達成できないだろう。

どうせ無理と思ってたら、力を発揮する事なく終わってしまうんだと思う。

もちろん、意志の力だけで勝つことなんてできないが、

意志の力が、自分達を変えてくれる

という事を子ども達が自ら感じてくれたら、

ものすごく成長できる大切な機会になる。

そんな素晴らしい大会。

何と言われようが、我がチームが目指すのは「日本一」だ。

参考:全日本U12サッカー選手権大会が教えてくれたもの~感謝・夢・目標・価値~











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。