選手宣誓から学ぶ言葉の重み

大会の開会式で行われる選手宣誓。

一昔前までは、お決まりの言葉を並べて、形式的な色合いが強かったのが、

最近は、子ども達の大会にかける想いや、気持ちが見事に表現され、

毎回、感動する事が多い。

幸運な事に、1チームの代表者しかできないこの選手宣誓を、

前年度優勝チームとして、立たせてもらえる機会が毎年あるんだが、

今回、全日本U-12サッカー選手権大会熊本県予選の選手宣誓が、

とても素晴らしかったので、

ぜひ一度見ていただきたい。

ここで、感想をだらだら並べるよりも、

皆さんが感じた事を素直に受け取って欲しいんだが、

この選手宣誓には、大切なものがぎっしり詰まっている。

・日々の積み重ねの大切さ

・仲間を思いやる気持ち

・支えてくれる人達への感謝

・伝統や思いの継承

・リスペクトの精神

・高みを目指すことの大切さ

選手宣誓について、チームとして指導する事は一切ない。

子ども達は、一人で言うことを考えているわけではないだろうが、

この言葉には、日常のチームの在り方が反映されてると思う。

おそらく、これは我がチームだけじゃなく、

他のチームの子が宣誓した時も同じ事。

同じように、大切なものが詰まった宣誓をしてくれるはずだ。

子ども達の大会にかける想いというのはめちゃくちゃ強い。

だからこそ、指導者も本気で子ども達と向き合い、

親は子のサポートを全力でしてあげないといけない。(口出しをする事はサポートではない)

いよいよ、ジュニア年代の最大の大会、全日本U-12サッカー選手権大会が始まる。

選手宣誓で与えてもらった気持ちの高揚感を、

大会での子ども達のパフォーマンスに還元してあげたいと素直に思った。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。