チーム作りに大切なテーマ設定

チーム作りをしていく上で、

ものすごく上手くいかない時ってあると思う。

特に、公式戦が近くなって、

「このくらいまでのレベルまでにはしたいな」

というイメージがあるとなおさら。

ここ数週間は、そのイメージのせいで上手くいかない事が多かった。

イメージの土台になってるのは、今までの子ども達を

見てきた経験則によるもの。

長年同じカテゴリーを見ていると、

この時期にこのくらいまでできないと、

「優勝」はできないな

などと、勝手な想像が働いてしまう。

うまくいかない理由

現時点で、自分が見ている子に足りないと思っている部分は、

「ボールへの関り」の部分で、

いつ?どうやって?

という部分を中心にトレーニングをしていた。

トレーニングをする中で、この部分は向上し、

それぞれが、何をすればいいか?

を考えてプレーできるようなったんだが、

「ボールへの関りが増える」

→「パスの受け手が増える」

=「パスを出さなくてはいけない」

となってしまったのか、

ゲーム中に駆け引きなくパスを選択する事が多くなってしまい、

パスミスが目立ち、守備に追われるゲームが増えてしまった。

参考:サッカーにおける【駆け引き】が上達する方法

「ボールに関わる」事の意味については、

ボールを受ける前に良い準備をする

ボールを持ってる選手の選択肢を増やす

この2つを整理してトレーニングしていたんだが、

子ども達のできる範囲を少し越えすぎていたのかなと反省。

イメージに子ども達を合わせていたから、うまくいってなかったんだと思う。

変化の理由

こんな状態で、子ども達が試行錯誤のままだったので、

今週は、フォーカスするポイントを変えてみた。

「ボールへの関わり」は意識しないといけないが、

ボールへの関わりを増やすために、

まずはボールを大切にする事を意識しよう。

そのためには、

今まで意識してたように、相手をよく観て駆け引きをやろう。

こんな感じだ。

プレーを見てる中で、パスをしなければいけないという意識から、

敵が視野に入ってなく、駆け引きもなくて、自分と味方の関係性しかないように見えた。

サッカーは相手がいるスポーツだから、相手を無視してプレーをする事はできない。

すると、少し相手を意識できるようになったのか、

ボールロストが減り、自然と関わりを持てる場面も出てくるようになった。

正直、数週間モヤモヤだった試合が多かったが、

今週末は、久々手応えのあるゲームを見る事ができた。

まとめ

うまくいかない理由は色々あるし、これまでもたくさん経験してきたが、

今回は、理想のイメージに子ども達を合わせようとしたのが原因。

手応え的には、これぐらいできるだろうはあったんだが、

段階を踏みながら、「ボールに関わる」事の重要性をトレーニングを通して伝えるべきだった。

参考:コツコツ積み重ねる事が大切な理由

そして、トレーニングは、子ども達が主役で、

ちょっと上の課題を与えていかないといけないと再確認。

結局、コツコツが一番の近道になるんだと思った。

手応えあるゲームがそれから数試合続いた。

子ども達のプレーからは、積極性が出てくるようになり、

試行錯誤してた姿が、積極的にチャレンジする姿に変わってきた。

ゲーム中に、テーマを設定すると思うが、

そのテーマ設定が、適切かどうかは子ども達のプレーをよく観察しないと分からない。

もし、設定が誤ってるなと感じたら、フォーカスするポイントを変えてみるといい。

参考:サッカーの試合でテーマに気付かせるためのひと工夫

無理矢理子ども達にできない事を求めても、遠回りになるから。

そんな事を気づかされた、ここ数週間のうまくいかなかった時期と、

手応えを感じたきっかけを綴ってみた。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。