サッカーにおける「感覚」と「センス」を育てるには?




サッカーにおいて「感覚」という言葉を使う時がある。

「感覚」とは、「サッカーセンス」と限りなく近いように感じるが、

サッカー指導者としては、「感覚」「センス」で話をまとめてしまうのは

何となく受け入れがたい。

だが、実際の指導経験の中で、

これは、教えて備わるものではないな

と思わせるような、「感覚」「センス」を持った子に度々出会う事があった。

それは、自チーム内にもいたし、対戦したチームの中にもいた。

対戦したチームに関しては、どんな指導をしているかなんて見えないし、

もしかしたら、育てられた結晶なのかもしれないが、

明らかに周りのレベルと違った「感覚」「センス」をプレーから感じると、

これは育てられたもんじゃないな

と感じてしまう。

以前の記事で、育成年代の指導では、

「学び残し」がない事が大事という事を書かせてもらったが、

参考:育成年代で大切な「学び残し」がない事への解釈

これは、簡単に言うと、

何かに特化することなく、

サッカー選手としてのベースをしっかり作ってあげる事。

そのベースの上に個性が乗っかってクリエイティブな選手に成長して欲しい

という願いがある。

「感覚」「センス」がある子は育てれるものではないと言いつつも、

そんな子にも共通点は少なからずある。

そして、「感覚」「センス」がある子を育てたい思いがあるからこそ、

ここを出発点に、

「感覚」「センス」ある子を育てるにはどうしたらよいか考えてみたい。

「感覚」や「センス」がある子の共通点

まずは、サッカー選手としてのベースがしっかりしている事だろう。

本当に「学び残し」がないという表現がピッタリくるように、

基本技術の習熟、原理・原則の理解、選択肢の多さ

を持っている。

「感覚」「センス」は、ある1つのプレーが尖っているだけでは、

成立する事はなく、技術的な要素も判断に関わる要素も

選択できるプレーが多いからこそ、磨かれるものになる。

「感覚」「センス」は、こんなプレーをやるだろう

の予想を覆されたときに、感じる事が多い。

そのタイミングでパスを出せる!?

そんなとこが見えてるの!?

次は、ドリブル突破なんだ!?

そこでシュートか!?

サッカー選手としてのベースがしっかりしていて、

あらゆる事ができるのが共通点の1つだろう。

次に、感じるのが、

「サッカーを楽しむ力」

参考:努力の解釈と楽しさとの結び付き

向上心がある事はもちろんだし、精神的なゆとりを感じさせてくれる。

上手くなるにはどうすればいいかをもがき苦しむんじゃなく、

心から上手くなる事、試行錯誤を楽しんでいる。

ゲーム中の姿を見ていても、相手との駆け引きを楽しみ、

プレーには常に余裕を感じる。

メンタル的にゆとりがある証拠だろう。

2つの力を身につけさせるために指導者ができる事

サッカー選手としてのベースを整えてやる事をしないといけないんだろうが、

1つだけ注意点がある。

ベースを整えよう、色んな事ができるように

と思えば思うほど、子ども達のプレーには制限が入ってしまう。

あれは、こうしなさい!!

これができないとダメ!!

学びの主体は、あくまでも子どもだ。

教えなければいけない事もあるが、自由を奪ってはいけない。

自由が奪われた子からは、いくらベースがしっかりしていても、

独創的なアイディアは生まれない。

たんたんと間違えなく、完璧に、ミスなくできる子には近づいてくるんだろうが、

それが、「感覚」「センス」に結びつかないように思う。

そういった意味で、指導者ができる事は、

学びの機会を与えてあげる

という事になるだろう。

これをしなさいではなく、こんな事もあんな事もあるのように、

たくさんのサッカーのベースを示してあげて、

子ども達の主体性を引き出してあげないといけない。

ベースを作る事と、主体性を大事にする事は

離れている事のように感じるが、

この両者のバランスをとりながら指導する事が大切だと思う。

また、「サッカーを楽しむ力」については、

強制・強要をなくすことが一番だろう。

与えられる事に慣れている子ども達だから、

言われた方が、スムーズに動く事もあるし、クラブを運営していく上で、

いう事を聞ける子がいるほうがやりやすいのは確か。

ただ、そんな機械的に動く子がサッカーを楽しめるはずはない。

楽しさは与えられるものではなく、子ども達自身で見つけるもの。

そう考えると、指導者ができる事は、

「自立」を促せるような態度と姿勢を持つ事なんじゃないかと思う。

参考:成長のために必要な「管理」と「主体性」のバランス

まとめ

「感覚」が素晴らしい子、「サッカーセンスがある子」を育てたい

というのは、指導者の願いだと思う。

アッと驚かせるプレーが出た時には、その子の成長と、喜びを感じてしまう。

子ども達は、成長段階の途中にあり、

全ての子がジュニア年代を巣立っていく際に

指導者の思っているレベルまで育ってくれることはない。

だが、少なくとも、

それから先の成長の助けになるような育て方はしてあげないといけないとは思っている。

「感覚」「センス」で片づけてしまうと、

子ども達は伸び伸び成長するかもしれないが、

きっと「学び残し」みたいなものも出てくると思う。

色んな子と関わる中で、指導者も学び続けないといけないとつくづく感じているところだ。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。