10年後の未来を見据えたサッカー指導とは??




サッカー指導者は、子ども達の未来に触れているという

「覚悟」「責任」「自覚」がないといけないと思ってるけど、

日々の子ども達に向き合ってると、

ついつい現状をどうしたらいいか?

に思考が支配されてしまう。

目の前のことを放っておいて、未来の事なんて考えられないのは

妥当な答えだと思うけど、

少なくとも10年後の子ども達の未来を想像してあげるのが

指導者の役割なんじゃないかなと思う。

10年後の未来

これだけ、時代の流れが加速してしまうと、

10年後なん予想できない

が正直なところの答え。

自動運転技術が普及する事も目の前に見えてる事だし、

10年前に戻ってみて、今を想像してみても、

予想を超えてる事もたくさんあるし、

子ども達を時代に取り残されないように育てようとした時に、

10年後の未来が予想できない事は

けっこう大きな痛手だ。

ただ、教育的な観点からいくと、

10年後の未来は、ある程度想像できるし、

どんな人材が生き残っていくかも想像できる。

今後、AIに仕事を奪われていく事は確かだろう。

単純な作業は、AIに任せればいい。

だとしたら、10年後の子ども達にどんな力が必要になってくるのか??

人々の趣向もどんどん多様化しながら、より狭くなっていく中で、

より細かいニーズに応じるだったり、時代の流れをキャッチした物・事

を自ら見つけ出す力が必要になってくる。

「問題分析」「課題解決能力」「批判的思考」

子ども達は、こんな力をもった人材になっていかないといけない。

参考:昨今の教育の変化から感じる「考える事」の習慣化の必要性

サッカー指導との関係性

サッカーの質もどんどん変わってきていて、

指導の質もどんどん変わってきている。

サッカーの質については、今日はちょっと置いといて・・・。

指導の質に関して言えば、

水を一滴も飲めない時代体罰が横行していた時代が少し前まであった。

参考:サッカー界から体罰を排除せよ!!

ようやくこれらの悪しき指導はなくなってきているように思うけど、

こんな指導は、結局は時代背景とリンクしている。

時代背景は、教育とリンクしているし、

やはり、単にサッカー指導と言っても、サッカーだけ教えればいい

という感覚で指導者がいる事は危険だ。

せめて目の前の10年後(子ども達がちょうど大人の入口に入るくらい

の未来くらいは想像しておかないと、

サッカーやってきた子は、社会に出たら何も通用しない

というレッテルを張られる恐れもある。

経済がどんどん発展して、物を大量に生産すればいい時代は、もう終わりに来ている。

そんな時代であれば、上司の言う事を忠実に聞いて、忠実にこなすことができる

人材が重宝されて、それこそ、苦しい事に耐えて与えられたことをやらないと

怒られる・体罰を受けるような環境で育ったスポーツマンは、

最高の人材だったかもしれない。

そんな時代がこれから続くなら、

サッカー指導も、もしかしたら

「厳しい」「耐える」「とことんやらせる」「規律正しく」

が良い指導となるかもしれないが。。。

今はまだ、かろうじてそんな時代を生きてきた親だから、

良しと思われる部分はあるとしても、

10年後こんな指導をしていては、

間違いなく時代に遅れた指導・クラブになってしまう。

まとめ

子ども達の10年後の未来を見据えて指導する事は大切。

なぜなら、サッカー指導と教育は密接にリンクしているし、

そこを切り離してしまったら、サッカーの社会的な価値は薄れ、

サッカーの普及にも繋がっていかないから。

街クラブの指導者は、

草の根で子ども達の未来とともに、サッカーの未来にも携わっていると思っている。

草の根の指導が腐ったらおしまいという事も頭に入れておかないといけないと思う。

だけど、間違えて解釈して欲しくないのは、

時代の流れに流されるままになりなさいという事ではない。

指導者としての「信念」は曲げてはいけないし、

不易(いつまでも変わらない事)な事もあるはず。

参考:クラブの伝統を繋ぐための好循環~人材(人財)育成~

言いたいのは、

10年後の未来を見据えながら、自分の指導者の「信念」を大切にしつつ、

指導者としてアップデートしていく勇気を持とう

という事だ。

指導者の視野が狭かったら、その考えで指導を受けている

子ども達の視野も狭くなってしまう。

指導者という言葉の意味を噛みしめて、

指導とは何か??

という答えのない課題にいつまでも向き合っていたい。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。