サッカーにおける「絶対評価」と「相対評価」の考え方




学校教育の中でよく話題になる

「絶対評価」「相対評価」

「絶対評価」とは、

個人の能力について、あらかじめ定められた評価基準に則って評価する手法

「相対評価」とは、

集団の中で周りりと比較しながら成績や昇進を評価していく制度

参考:絶対評価と相対評価の違いとは【Beyond編集部】

と説明されてるが、

サッカー指導の現場においても、

この2つの評価の考え方はとても参考になる事がある。

サッカークラブであれば、

大会等参加するときにチーム分けをすると思うんだが、

その時のチーム分けの基準となっている評価の仕方は、

「相対評価」

Aチーム、Bチームに分けるのは、

指導者としては心苦しい部分ではあるんだが、

これは、避けて通れない。

なぜ、心苦しいかと言うと、

もし、「絶対評価」であれば、

また別の見方が可能で、むしろ、「絶対評価」の中で、

チーム編成だったり、目標や課題を与える指導をしたいから。

その方が、効率的であると思うんだが、

「絶対評価」でチームを編成する事は、現実的に難しい。

「相対評価」でありながらも「絶対評価」の視点を

持っている事が大切だ。

「絶対評価」と「相対評価」のバランス

例えば、Aチームの中の個々を見ると

スペシャルな子もいれば、そのレベルに到底満たない子だっている。

もしくは、レベルはAチームなのに、人数編成の関係で、

Bチームにいる子もいる。

もっと言うなら、

あるチームでは、Bチームだが、あるチームではAチームの実力があるこもいたり、

その逆の場合もあったり。。。

こういうように力関係に差があるのがチームだし、

「絶対評価」でチーム編成できるような個を集めて

チーム作りをしようとも思っていないのだが、

「相対評価」に縛られることによって、

「絶対評価」での実力が見えなくなってしまう事もある。

もちろん、これもプラスに働く部分、マイナスに働く部分があるんだが、

「相対評価」によって得たもの(レギュラーだったり)が

子ども達の満足を生んでしまい、

成長の妨げになってはいけないと思っている。

あるチームで1番上手いからなのか、

中心人物として王様のように君臨して周りには文句、

自分自身は守備をしない

なんて子も意外と見る事が多い。

参考:文句を言う子には、どういう対処が必要か?

それは、その子自身に問題があるのも確かだが、

小さいチームとしての括りの中で、指導者が作ってしまった

「相対評価」による1番の作り方にも問題があるだろう。

チームマネジメントを行う上での評価の考え方

クラブ内の子ども達は、セレクションをしない限り、

一定基準(範囲内)にレベルが統一されることはない。

これは、子ども達の可能性を広げ上でとても大切で、

色んなレベルの子がいるからこそ、

サッカーだけに囚われない物の見方もできると思っている。

あの子を目指そうと思う子もいれば、

あの子の分をカバーしてやろうという子もいる。

参考:サッカーレベルの格差をコントロールするためのポイントと考え方

切磋琢磨という素晴らしい言葉があるが、

実力差がチーム内でバラバラだからこそ、

大きな気持ちの浮き沈みを経験しながら、

みんなで伸びていこうという環境も作れる。

そんなところに絶対にあるのが評価。

チームマネジメントをする上で切っても切れないこの事実を

どう潤滑油としてチームに流し込むかは指導者が

一番考えなければいけない事である。

全ての子が思い通りの評価を受ける事は不可能。

参考:「評価のズレ」への対処法~信頼を勝ち取るには~

それは、「絶対評価」ではなく、チームの中での評価は、

どうしても「相対評価」になるから。

だからこそ、子ども達の心をコントロールできるような

「相対評価」にしないといけない。

まとめ

「絶対評価」「相対評価」という表現をしながら、

評価について考えてみたが、

シンプルにまとめるなら、

個の評価基準をしっかり持ちながら、

チーム内での実力を評価したうえで、

うまく個育てとチーム作りをしていかなければいけないという事。

その中で、一番重要なのは、

評価に左右されることなく、

常に満足しない向上心溢れた環境になっていく事だ。

そうなるには、

「絶対評価」「相対評価」のような評価の仕方の違いを

指導者自身が分かっておいて、

チーム内という狭い視野の中だけで、子ども達を評価する事が

ないようにしないといけないだろう。

子ども達が勘違いをしてしまうのは、大人の影響が大きい。

自信を持てるように導くべきだが、

自信が過信にならないようにしてあげないといけない。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。