モチベーションを上げるための「理由づけ」の必要性と指導者の役割

少年サッカーの試合は、モチベーションの差で結果が左右される事が多い。

育成年代という時期を考えると、

気持ち」や「頑張り」よりも、

何を、どうやって、だから、こうする事によって

などの言葉で、技術や戦術的な部分な部分にアプローチしながら、

試合というものの位置付けを考えていきたいというのが本音。。。

だが、

現場レベルで感じる実際は、

そこに行き着くまでには、最低限のモチベーションの高さと、気持ちや頑張りが必要という事。

もっと言うなら、子ども達自身がしっかりそこは持っておくべきものとも思うが、

目標が具体的に定まってなかったり、目標までの距離が遠い事で、

モチベーションを常に高く保ち続ける事は難しい。

四六時中サッカーと向き合っていればいいわけでもなく、

小学生としての本分もあるだろうし、モチベーション管理は、

指導者がやってあげるべき事として捉えていた方が、

指導者目線で考えてみても、子どもとの関係を築く上では、好都合な部分もある。

「理由づけ」の2つの考え方

モチベーションを上げるために、

自分の中で、「理由づけ」をすると思う。

だが、この「理由づけ」は、単にモチベーションを上げる時に使われるだけでなく、

大体は、安定を求める時に使われるのがほとんど。

人は、現状から変わらない事を望む。

成長しようとする中で、何らかのアクションを起こせば、変化が伴う。

その変化に、恐れや違和感や面倒臭さだったり、

何らかの感情を阻害するものがあると、

⚪⚪だからやらなくていい

⚪⚪だからこのままでいい

⚪⚪の方が楽だ

という、マイナスの「理由づけ」を自然としてしまう。

こんな事は、いくらでもあって、

自分自身でさえも、

今は⚪⚪だから、また⚪⚪の時やればいい

などの「理由づけ」を自然としてしまうくらい。

まずは、安定を求めるためのマイナスの「理由づけ」がある事を自分の中で、

しっかり理解し、そんな「理由づけ」を自然としそうになった時、

モチベーションの向上に繋がるような、プラスの「理由づけ」ができるようになる事が大切だ。

指導者の役割

では、プラスの「理由づけ」ができるようにするために指導者はどうすればいいか?

本音でぶつかる事が一番子ども達の心に響くと思ってるので、

マイナスの「理由づけ」をしてるだろうと思う子には、

自分が感じた事を直接言うようにしている。

そこで会話が成立すればモチベーションを上げる「理由づけ」に導く事は簡単なんだが、

子ども達は、自分の想いを隠したり、喋れなかったりする事が多い。

そこでも、

俺は、⚪⚪と思うし、⚪⚪した方がいいよ

とアドバイスを送る事が大事だと思うが、

結局は、物事の考え方をひっくり返してやらないといけないんで、

普段から、子ども達に話をする時にはどんな事でも、

しっかりとした「理由づけ」をする事を、指導者が意識しないといけないだろう。

単純に、「気持ち」や「頑張り」が足りないせいにしては、

子ども達の思考力が高まる事はない。

子ども達は、吸収しようとする力が強いからこそ、

周りの大人に影響を受けてしまう。

参考:積み重ねた経験と思考の足跡~インテリジェンスさを発揮するには~

そういった意味では、どんな「理由づけ」をして話をしてあげれるかが、

指導者ができるモチベーション管理の方法ではないかと思う。

参考:昨今の教育の変化から感じる「考える事」の習慣化の必要性

まとめ

人は、1日の中でたくさんの選択をしながら、行動しているという。

選択する際に、意思決定に導くのは、

どんな「理由づけ」をするかにかかっている。

当然、マイナスの「理由づけ」ばかりしていると、

モチベーションは下がってしまい、

プラスの「理由づけ」をできると、モチベーションは上がる。

難しいのは、たくさんの選択がある中で、自然とマイナスの「理由づけ」をしてしまう事。

考え方がそもそも間違っていれば、

マイナスの「理由づけ」がいつも正当化される事だってありえる。

ただ単に積極的になろうとしても、心をどうにかして震い立たせなければいけない。

それが気合い1つでは、心が持たないというのが自分が思うところ。

プラスの「理由づけ」をできるような考え方の癖をどうつけさせるかを

子ども達と話をする中で伝えていけたらと思う。

参考:サッカーにおける癖の解釈とその改善方法について

 

 











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。