仲介人との会話で得た2つの学び




日本サッカー協会が制度化している

「仲介人制度」というのを聞いた事があるだろうか??

育成年代では、馴染みがないのは、当然。

この制度は、選手契約や移籍合意の交渉に際して、第三者(これを「仲介人」という)を関与させた場合、本協会(日本サッカー協会)に登録しなければいけない。

参考:仲介人制度(JFA)

と説明されているように、

仲介人は、プロサッカー選手やクラブと関わる事になる仕事。

後輩が、この仕事に関わっている事もあり、話を聞く中で、

プロフェッショナルとは??

について考えさせられる部分があったので、

自分なりに感じた事を伝えれたらと思う。

成長に必要な「人間性」

選手は、仲介人にクラブとの契約に際しての交渉を委ね、

仲介人は、選手がより良い契約を結べるように、クラブとの交渉に臨む。

簡単に言えば、こういった関係性になり、

契約と言えば、年俸・契約年数が頭に浮かぶと思うが、その前に、

どのクラブでその選手が必要とされてるか?

どのクラブなら、選手の希望している条件に合致しているか?

というように、クラブとの交渉の場に立つという役割も担っている。

クラブ側も、年俸⚪⚪くらいで、⚪⚪ができる選手が欲しい

仲介人を介して選手の獲得を目指す事もあり、

選手とクラブの双方からの信頼を得る事が絶対となる仕事。

そこで不可欠となるのが、「人間性」の部分になる。

実際の実務の中で、その事をひしひしと感じてるからなのか、

話す中で、しきりに出てくる「人間性」というキーワード。

プロサッカー選手ともなると、技術レベルが高いのは当たり前。

また、監督によって使われたり、使われなかったりする。

その中で、息を長くできるのは、しっかりとサッカーに向き合っていける力という。

周りの声に惑わされず、自分に真摯に向き合う事ができるのは、

やっぱりその選手の「人間性」という部分に行き着くはずだ。

常に謙虚な姿勢でいる事は、子ども達が成長していく上でも必要な要素。

「人間性」を磨く事は、成長に繋がるんだなと改めて感じた。

参考:個の成長に必要な3つのキーワード~「自信」「柔軟さ」「謙虚さ」~

「見え方」を意識するとは?

また、「見え方」を意識する事も大切だと言ってた。

選手と話す中で、

選手自身の手応えと、仲介人がその選手のプレーを見て感じた部分にズレがある時が、多々あるという。

「見え方」とは、自分を客観視できる力なのかなと思う。

参考:自分を客観視できる賢さを~「競争」に勝つ事と「自分軸」を持つ事~

自分自身の物差しを持ちながらも、他者の意見も聞いてみるというか。。。

プロであれば、評価がつきものだから、常にその視点は持っていないといけないが、

育成年代では、いちいち評価に振り回される必要はない。

ただ、「見え方」を意識するなら、トレセンなんかは、

まさに必要な視点なのかなとも思う。

参考:指導者が考えるトレセンに受かるためのコツ

限られた選考会の中で、自分をアピールするには、

評価する人にどう映るかは、意識しないとなかなか伝わらない部分がある。

これは、すごく大事で、そういう事を意識できる子は、大舞台で強い。

自分の見せ方を、どうすべきかという事を考えれてる証拠だろう。

成長段階で、評価との関係をガチガチにしてしまうと、

自分自身が見えなくなる恐れがあるが、

「見え方」を意識する事は、自分を表現できる力とも言える。

しっかりと、自分軸を持ちながらも、「見え方」を多少意識する事で、

パフォーマンスは上がるのかもしれない。

まとめ

プロサッカー選手が相手の仕事と、子ども達が相手の仕事だが、

少し見方を変えるだけで、

子ども達の指導に生かせる学びがあった。

子ども達もプロサッカー選手を夢見ている訳だし、

プロサッカー選手とは?

というものを伝える事は、大切な事だと思う。

今回話す中で、

「人間性」の大切さと、「見え方」を意識する事の大切さを感じたんだが、

これをどう子ども達の心に響くように伝えらるかが重要である。

子ども達は純粋で、指導者の言ったことを素直に吸収する力がある。

逆に言うと、素直すぎて考える力が足りないとも言えるが。。。

子ども達が話をどう解釈するのかは分からないが、

素直に聞き入れるにしても、

それはどうかな??と思ったとしても、

話す事の何かが、子ども達の成長のきっかけになってくれればと思う。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。