指導する事の奥深さ~どうやって主体性を育てるか~




指導するという言葉を調べてみると、

ある目的・方向に向かって教え導くこと。

参考:デジタル大辞泉

と書いてある。

この意味の解釈で重要なのが、

指導する事は、導く事であって、

決して、

指導する事=指導者の思い通りにする事

ではないという事。

自分の指導を振り返っても、

難しいのが、指導しているつもりが、

気付けば、自分の思い通りに子ども達をコントロールしている状態になる事。

うまく指導できたという感覚になっていても、

実は、子ども達の主体性を奪っている時がある。

サッカーは、状況が常に変わるスポーツで、ある意味、

正解がないスポーツ

と言える。

同じような場面でも、ある時は正解で、

ある時は、もっといい選択肢があるかもしれない。

そのようなスポーツなので、大切になるのが、

自分で判断する力

この力を育てるには、いかに主体性を持ってプレーする事ができるかを

指導の中で意識しないといけない。

主体性を失う事のリスク

主体性を持ってプレーさせるのに大切と思うのが、

指導する事が、上からの命令であってはいけない事。

ついつい、子ども相手だから簡単にコントロールするために、

課題に対して、トップダウンで解決しようとしがちになるが、

これが大きな落とし穴。

命令すると命令に従うのが良しとなり、どんどん思考力主体性は失われていく。

そうなると、命令やルールがないと判断できなくなり、

臨機応変の判断ができなくなってしまう。

つまり、状況が常に変わるスポーツの中で、

1つ1つ判断を指導者に委ねるようになってしまい、

判断する事も決断する事もできなくなってしまうという事は、

成長する事において、大きな妨げになるという事だ。

参考:サッカーにおける判断と決断の関係性

また、

判断できなくなると、プレーに迷いが出てしまい、

積極性は失われ、チャレンジする事を恐れるようになってしまう。

主体性を育むための指導者の姿勢

プレーが途切れる度に、指導者の顔を伺うようになったら、

それは、指導者の思い通りに子ども達をコントロールしている事のサイン。

そうならないようにするには、

目的となるゴールを示してあげて、後は我慢強く、

子ども達がどうゴールまでのルートを登りきるかを見守る姿勢が必要だろう。

参考:目的地を明確にした上での積み重ねの大切さ

だが、指導する事の難しさは、ここにあって、

そのルートを最短で登りきる子もいれば、

遠回りしてルートの中で、右往左往する子もいる。

そうなった時、ついついルートまで示してしまいがちになる。

ルートを示すという事は、もうその時点で、

子ども達をコントロールしている事と同じ。

こういうルートで登りなさい

と言ってしまう事を繰り返すと、ルートに従う事が目的となってしまい、

登りきるための思考力判断力は失われてしまう。

子ども達は、目的にたどり着くために、試行錯誤する。

それが、チャレンジであって、

チャレンジには、失敗が伴う事もある。

失敗が成長する上で大切なのは、

失敗する事で、そのルートじゃ駄目だと気付き、

別のルートを見つけ、目的に少しずつ近づいていくからだ。

人から切り開かれたルートより、自ら切り開いたルートは、

きっとその子にとって自信となるだろう。

子ども達に主体性を身に付けさせるには、

目的を示し、我慢強く見守る姿勢が必要と思う。

参考:成長のために必要な「管理」と「主体性」のバランス

まとめ

ここまで偉そうに書かせてもらったが、

これは、自分の指導に対する反省があるから。

子ども達の指導をする中で、最近、

子ども達に任せる

という姿勢が、意外と積極性主体性を生み、目的まで速くたどり着く事を感じている。

コントロールしようとすればしようとするほど、

積極性主体性も失われ、実は、それが足止めになって、

目的にたどり着くスピードを遅らせてるんじゃないかと感じているところだ。

勘違いしがちになるのは、子ども達が純粋なので、

自分の思うようにコントロールした方が楽になると考えてしまう事。

確かに、コントロールした方がスムーズにいく事もあるが、

その結果は、

ゲームでは判断できない子を育ててしまう事になり、

コントロールし続けないといけなくなってしまう。

主体性が失われていく事は、

子ども達の成長において大きな妨げだ。

最後に、自分への反省を込めて、

指導者は、子ども達の可能性を信じ、成長を見守れる指導を目指すべきだと思う。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。