サッカーの楽しさを引き出す事の難しさ




サッカーを楽しむ事。

サッカーが上達するのには、絶対に欠かせない要素だ。

何をもって楽しむかも重要で、楽しみ方も子ども達それぞれ。

子ども達を見ていると、

・もっと上手くなりたい

・試合に勝ちたい

・仲間との関わり合い

・ライバルに勝つ事

こんなところに、楽しさを見出だしているように感じるが、

これらのサッカーの楽しみ方が、逆に本人達を苦しめているように見える事もある。

本当にサッカーが楽しいか??

と質問したくなる時もしばしば。

子ども達の内からわき出るようなサッカーへの情熱が、

サッカーの楽しさに繋がっているように感じるが、

その情熱を引き出す上で大切なのが、

成功体験や、自己肯定感

いつも、成功が約束されている

いつも、自分自身を認める事ができる

そうあればいいんだが、失敗もつきものだし、

チームスポーツであるが故に、周り(仲間、相手)と自分との比較をどうしても

切り離す事が難しい(意識に入ってきてしまう)。

楽しさを引き出してあげる事の難しさをつくづく感じている。

楽しむ上での苦しみ

そう考えると、

サッカーを楽しむ事は大事だし、いつもサッカーを楽しんで欲しいと思ってはいるんだが、

楽しさを得るためには、苦しい事もあるんだよ。

という事を理解させる事も、

サッカーの楽しさをより感じるためには必要。

苦しさと言うか、失敗の体験や、悔しさの体験があるからこそ、

成功体験や、自信に繋がるような成功体験がよりサッカーを楽しくさせる事を

子ども達に実感させてあげないといけない。

そのためには、

一見、負と思われるような体験を

どう活かしてあげるかが重要で、

それを活かすためには、

子ども達一人一人の理解アプローチの仕方を工夫しないといけないと思っている。

パーソナリティの理解

子ども達の性格はそれぞれ。

平等に接する事が大事なんだが、

アプローチの方法が全ての子に対して同じ

というのが平等ではなく、

一人一人のパーソナリティを理解しながら、

子ども達の情熱を引き出してあげて、サッカーの楽しさを実感させてあげる事が

本当の意味での平等になるんじゃないかと思う。

勝ち気の子には、尻を叩くくらいの刺激を与える事が効果的だったり、

少し気が弱い子には、寄り添ってあげる事も必要。

いずれにしても、そこで重要になるのが、「言葉の力」

という事になるだろう。

態度だけで問題を解決する事は難しく、

態度と子ども達それぞれに刺さるような言葉のチョイスが噛み合ってこそ、

子ども達の心を動かす事ができる。

指導者にとって、「言葉の力」を意識する事は重要で、

それぞれの子ども達に刺さる言葉を投げかけてあげれるようになるには、

サッカーの知識だけじゃなく、色んな事にアンテナを張りながら、

指導者自身の心の感度をあげていかなければいけない。

まとめ

サッカーの楽しさを引き出す事は、難しい。

大人なら自分自身で乗り越えられる事も、

子ども達は、精神的にはまたまだ未熟な段階的だから、

フィルターを通してあげる作業がないと、

楽しさに繋がる事でも、ただ単に苦しいで終わってしまう子だっている。

そのフィルターの質をあげる努力を指導者はしなければいけない。

フィルターの質をあげるには、

それぞれの子ども達のパーソナリティの理解と、

それぞれの子ども達に刺さる言葉を、どんなタイミングでかけてあげれるかが重要になるだろう。

また、

いくら良い言葉をかけてあげれても、指導者の気持ち(情熱)が乗っかってないと、

子ども達の心に刺さる事はない。

子ども達の心を動かす「言葉の力」とは、

言葉のチョイスと情熱

だと思う。

いいアプローチをできたがどうかは、子ども達の目を見れば分かる。

納得してくれたら、目のつきが良くなるし、

納得ができなければ、目の力は消えたまま。

いつもキラキラして、目の輝きが消えない

サッカーを純粋に楽しむ姿を引き出してあげたいと思う。

【こちらの記事も参考になります】

何を成長と感じるかで「自己肯定感」は変わる~小さな勝利がキーワード~

2つの要素が「言葉の使い方」の中身を変える

結果に対する心の在り方と成長の可能性











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。