プロサッカー選手が与えてくれる「夢」~サガン鳥栖観戦記~

野球少年だった自分が、サッカーを始めたのは小学校4年生から。

そのきっかけは、小学校の部活にサッカー部がなかったから

という何ともない理由だったが、

気付けば現在に至るまで、約30年間。

目一杯大学生までサッカーをやって、社会人としてサッカーを楽しみ、

指導の道に進む事で、ずっとサッカーから離れられずにいる。

そんなサッカー人生の中で、プロサッカー選手に出会った数は、数知れず。

自分自身もプロサッカー選手になる事を目指す中で、

プロサッカー選手にたくさんの「夢」を与えてもらった。

「夢」を与える存在

プロサッカー選手は、

夢を与えれるような存在になりたい

とよく言う。

だが、その言葉に影響される本人達(子ども達)は、その言葉のパワーを受け取り、

プロの道に自分の「夢」を重ねるのではなく、

そのプロサッカー選手の、

頑張っている姿や、自分のプレーと比較した差(華麗さ)や、迫力に憧れを抱き、

それを「夢」というものに変えていく。

そして、その存在がブラウン管の中だけの存在から、より身近な存在になっていく程、

「夢」へのパワーへと繋がっていく。

スタジアムでサッカーを観戦する事、

練習の様子を目の前で見る事、

サッカースクールで触れ合う事。

憧れの存在をより近く感じれるだけで、「夢」というパワーを与えれる存在感は、

自分のような普通の大人がプロサッカー選手について、いくら語るよりも、

その存在感だけで、数倍のパワーを子ども達の心の芯に語りかける。

自分にも小学校1年生の息子がいる。

お父さんがサッカーに関わってる事は分かってるはずで、

日常はサッカーに溢れてるはずなのに、

サッカーに対するモチベーションは、

たった一人の身近なサッカー選手という存在。

ブラウン管の中で、彼の頑張る姿を見て、サッカーの魅力を知り、

彼が一緒にボールを蹴ってくれるだけで、

大起君みたいになりたい!!

と言ってしまう。

ちなみに、まだまだその言葉は本気ではなく、どうもスイッチは入りきれてないんだが。。。

それでも、この先息子がサッカー選手を目指すのであれば、

「夢」へのきっかけは、間違いなく彼の存在という事になるだろう。

言ってみれば、プロサッカー選手は、

「夢」を自ら子ども達に振り撒いてるのではなく、

背中で語る事で、「夢」を追いかけさせる。

「夢を与える」というより、「夢を追わせる」と言った方が、適切なのかもしれない。

プロの厳しさ

そんな存在である一方、

現実のプロの世界は、子ども達が思っている以上に厳しい。

毎回のゲームで勝ち負けが決まり、結果を出せなければ、

一気に存在感が小さくなっていく。

自分の想いがいくらあっても怪我をしてしまったら、

想いをプレーで表現したくてもできないという、

何とも理不尽な現実をつきつけられる事もある。

また、監督が変われば、今まで評価されていたプレーが、

求めるもの(価値観)の違いだけで、180度変わる事もある。

自分自身は、確実にステップアップしてると思っていてもだ。

観てる者にとっては、ゲームで闘っている彼らの姿が、

「勝負の場」だと思うが、

彼らにとっては、1日1日が勝負の場。

心のすり減り方も尋常じゃないだろうし、

歳を重ねる度に、肉体もすり減ってしまう。

ステップアップしているようで、

いつ引退になるのか分からないカウントダウンが既に始まっている世界は、

自分達が思っている以上に過酷なものだろう。

華やかである一方、そんな厳しさがあるからこそ、

彼らが外に発する見えないパワーは絶大だ。

プロの世界の厳しさが、彼らに「オーラ」をまとわせ、

それが、子ども達にとって、

「夢を追いかけさせる」存在へのパワーをより加速させているんだろう。

まとめ

自分が子どもの頃、

プロサッカー選手を始めて生で見た時、身震いした事を今でも覚えている。

先日、サガン鳥栖の試合を始めて観戦したんだが、

大起がスタジアムに入場する時、

同じように、高揚感と身震いを感じ、何とも言えない感動を味わった。

指導者にとって、今まで預からせてもらった子には、

それぞれのストーリーがあり、プロになる、ならないは別として、

育った先の彼らの頑張りは、刺激をあたえてくれる存在。

だが、「プロサッカー選手になりたい

という夢を叶えられなかった自分にとっては、

言わば、息子のような教え子が、その夢を実現させてくれたのは、

より大きな刺激を与えてくれる。

プロサッカー選手という存在は変わらないはずなのに、

子どもの頃思ってた気持ちと、今見るプロサッカー選手に思う気持ちは、大きく異なる。

でも、変わらないのは、

「夢」に対して、気持ちをどんどん刺激してくれる存在という事だ。

子ども達は、プロサッカー選手に何を想うんだろうか?

それぞれが感じるままに刺激を受け、「夢」への力に変えていって欲しい。

参考:松岡大起という男~夢を実現させたのは必然だった~

個の成長に必要な3つのキーワード~「自信」「柔軟さ」「謙虚さ」~











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。