個の成長とチームの勝利(成長)をめぐる問題点




子ども達一人一人を成長させてあげる事、そしてチームの勝利を目指す事(チームの成長を望む)。

クラブ運営をしていく中で大切にしてる事である。

個の成長の為に、チームとして目標を掲げて高みを目指し、

チームが勝つために個を成長させる。

どちらも欠けてはいけないと思ってるし、

この両者はしっかりバランスが取れないといけないと思っている。

個>チーム

一概には言えないが、

厳しいゲーム・拮抗したゲームに勝つ事が難しくなる事は確か。

それは、

チームの一員として自分という意識が低くなるからだ。

個の技術がいくら上がっても、ゴールを奪うためには、

一人の力じゃ限界があるし、

ゴールを守るにも、チームとしてボールを奪いに行く必要がある。

戦術的な部分ももちろんあるが、

そんな意識を高めてくれるのは、

チームとしての一体感であったり、所属意識や我々意識であったりする事が大きい。

参考:「共争」「共奏」「共創」そして「共感」~これからの育成について~

チームが自分のためにある

というように、

個の方に重心が傾き出すと、どうしても責任感やチーム(仲間)のために頑張る

という意識は薄れ、

結果を出すことは難しくなる。

少年サッカーでは、大きくて速い子がいれば勝てる

とよく言われているが、

そんな子が1人いる事よりも、

チームとして一体感を持って勝ちを目指してくるチームの方が遥かに手強い。

個の成長は大切だが、

チームスポーツとは何なのか

を教える必要があるし、

個人戦術も、チーム戦術の中で発揮されなければいけない事を

理解させなければいけない。

チーム>個の成長

ここで言いたい事は、

チームが勝つためには、手段を選ばないというような

勝利至上主義

とは違っていて、

チームのために個がいる

という発想で、個を疎かにすると、

子ども達の成長スピードが遅くなるんじゃないかという懸念。

チームの歯車の中での自分という見方をされれば、

当然、子ども達のモチベーションは下がってしまうはず。

また、

チームのために何をすべきかがゲームの中でのただ1つの目的になり、

ゲームが個の成長を促す貴重な場

という意識がなくなれば、

ゲームの中で、チャレンジできなかったり、

課題を発見できなかったりするので、

当然、個の成長スピードは遅くなる。

参考:全国大会をめぐる問題点~チーム至上(私情)主義~

まとめ

個の成長チームの成長は、

強くリンクしていて、決してどちらかだけに振り切れてはいけないものだと思う。

もちろん、

子ども達(個)の成長が、チームとしての結果よりは大事で、

個が成長していくためには、

チームの成長は不可欠である。

少年サッカー界を見渡すと、

それをやり続ければ、個の⚪⚪の部分は成長するけど、

それで、チームは勝てるの?

その子は、戦術理解できるの?

といった個に特化しすぎた指導や、

子ども達の自主性はどこ?

創造性はどうやって身に付くの??

といった様に、

チームの勝利に特化しすぎた指導を見かける事がある。

それは、チームの色ではなく、指導者のエゴである事に気付かないといけない。

参考:個育てとチーム作りの難しさ

「育成」と「勝負」をめぐる問題~プレイヤーズファーストの必要性~











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。