天皇杯で起こるジャイアントキリングに想う事




毎年、天皇杯が始まるとジャイアントキリング(ジャイキリ)で話題が埋めつくされる。

この事実が示す事は、

一発勝負では結果はどう転ぶか分からない

という事と、

プロと大学生のレベルが近づいている

という事だろう。

もちろん、プロと大学生の戦いだけでなく、もっと大きく括れば、

プロとアマの差はそれほどないという事なんだろうけど、

ジャイキリした側に賞賛を送りたくなる一方で、

このジャイキリという事実に違和感を感じてしまう。

なぜジャイキリは起こってしまうのか?

をまとめるとともに、

ジャイキリが教えてくれる可能性についても、言及してみたい。

ジャイキリはなぜ起こる?

Jリーグには「ベストメンバー規定」が存在する事を聞いた事がある人は多いはず。

これは、

Jリーグ規約42条で「Jクラブは、その時点における最強のチーム(ベストメンバー)をもって前条の試合(編注:公式戦)に臨まなければならない」

と定める事で、「手抜き」でゲームに臨むことを禁止している規定だ。

この規定には、補足基準があって、

J1クラブについて「先発メンバー11人は、プロA契約選手または外国籍選手を合計6名以上含まなければならない」

とする事で、「手抜き」に関する最低限の担保を保証してるんだが、

天皇杯でジャイキリが起こるのは、この補足基準が、

J1リーグ戦ルヴァン杯に限られており天皇杯では、適用されていない。

監督からすれば、チームマネジメントをしていく上で、

当然リーグ戦やカップ戦が優先順位の上位にくるはずで、

選手からしても、コンディションはリーグ戦やカップ戦を目安に整えたいわけで、

そんな若干の心の隙間が、

ここぞとばかりジャイキリを目指すチームとのモチベーションの差に繋がってしまうんだろう。

それだけではない。

いくらプロでも、ゲーム勘を失ってしまっては、

いいパフォーマンスを発揮する事は難しい。

若手への出場機会の付与が目的になってしまえば、

パフォーマンスを発揮する以前に、経験値の獲得でゲームが終わってしまう。

経験値があるチームがここぞと思って団結力を発揮するのと、

若手がここでアピールしなきゃ

と思ってゲームに臨むのには、

チームとして機能する事に差があって当然だ。

こう考えると、天皇杯におけるジャイキリは、

起こるべくして起きている事だと考えられる。

ジャイキリが教えてくれる可能性

だが、このジャイキリという事実は、勇気を与えてくれる側面もある。

J1、J2、J3、アマチュアとカテゴライズされてるという事は、

上位ほど力があるという事に間違いない。

いくらモチベーションが違うと言っても、上位リーグに属している選手ほど、

実力が上と考えるのは当然。

それなのに、実力の差がチームになった途端にひっくり返るのは、

単なるチームとしての差と見る事ができる。

という事は、個の実力はさほど変わらないのではないか

という見方だってできる。

常日頃、

プロになる・ならないは紙一重の差だと思っている。

この紙一重の差は、あまり言いたくないが、運も少なからずある。

だが、この運を手繰り寄せるのは、本人の諦めない気持だったり、努力だったり、

見えない力が左右している。

参考:松岡大起という男~夢を実現させたのは必然だった~

子ども達に目を向けて、可能性の話をするなら、

ある一定程度の実力さえあれば、プロになる夢はそんなに遠くない

という事だ。

まとめ

ジャイキリが起こる理由と、ジャイキリが教えてくれる可能性についてまとめたんだが、

やはり、ジャイキリが起こる事への違和感は消えない。

単純に、それでもプロとしてのプライドはあるのか??

と問いかけたくなる。

プロスポーツは、観客とともに成り立っている。

観客は、ゲーム観戦する事で、

非日常を味わったり、一生懸命頑張る姿に勇気づけられたりするわけだ。

参考:サッカーをスタジアムで観戦する事で得られる効果

何らかの価値を求めて足を運ぶはずなのに、

プロフェッショナルと呼ばれる選手達が、価値を提供する事にお手上げで、

消化ゲームくらいの気持ちでいたらどうだろう。。。

もちろん、ジャイキリ見たさに足を運ぶ人もいるだろうが、

そこにお互いのプライドがぶつかり合わないと、

ジャイキリの価値もあるとは言えないだろう。

子ども達の夢であるプロへの可能性を感じさせてくれる一方、

紙一重の難しさを気持ちとプレーで示して欲しい。

参考:一流選手の共通点の根っこを探る

そんな想いを、天皇杯のジャイキリから感じてしまった。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。