縦パスだけのサッカーになりがちな理由と縦パスの基準の整理




少年サッカーの試合を見ていると、縦パスが多い事に気づく。

ロングキックで敵の背後に落とす縦パス

相手の守備陣を切り裂くようなスルーパス

サッカーの優先順位において、ゴールを目指す最短の手段として縦パスは有効だ。

また、8人制サッカーにおいては、コートが狭い分、

より縦パスが多くなる傾向にある。

だが、縦パスの意味をしっかり理解してないと、

縦パスだけに頼るサッカーになり、子ども達の判断・プレーの幅は大きく狭まってしまう。

縦パスだけになりがちになる事についての問題点をまとめ、

縦パスの理解を深めてみたい。

縦パスだけになりがちになる事の問題点

一番の問題は、視野が狭くなり、判断においても、確実性を抜きで、

とにかく縦の選択肢しか持てなくなるという事だ。

こうなると、味方の状況がどうあるかは関係なく、

スペースがあればとにかく背後に蹴る。

または、

相手DFにマークをつかれていようが、パスを送ってしまう。

という現象が目立ってくる。

縦パスを効率的に利用するという意識とは、大きな違いがあり、

縦パスが、とにかくゴールに近づけるためだけになってしまう。

縦を意識するという事は、前を意識するという事。

この意識自体は、ゴールを目的とするなら大切であるが、

バックパス(後ろ)を意識する事がいけない事になり、

判断のやり直し・攻撃の組み立て直しをしなくなる。

縦への拘りが、力任せになってしまい、

縦パスで「こじ開ける」プレーが目立つようになってくる。

力の差がある時は、効率的に点を重ねる事ができるが、

力の差がない、もしくは相手が上の場合は、

簡単に対応され、点をとるアイディアがなくなってしまう。

縦パスから生まれる基準

ゴールに近づくためには、一番効率がいいパスなので、

常に縦パスは狙っていなければいけないし、

横パスより重要なパスになる。

良い縦パスを入れれるようになるには、常にゴール(前方)を意識しておく事が大切だ。

参考:デブライネ選手の3つのパスに学ぶ、パスで魅せる3つの特徴と意識すべきポイント

これができていなければ、適切なタイミングを逃してしまう。

適切なタイミングとは、

味方がフリーになっている事。

味方が動き出している事。

この2つのタイミングを出し手が逃してしまえば、

縦パスをできず、攻撃が遅れてしまうし、チャンスを逃してしまう。

それでも、無理に縦パスの選択をするから、

縦パスだけのサッカーに見えてしまうのだ。

いつ縦パスを出すのか?

という事と、縦パスができない時に判断を変えられる柔軟さを持つ事で、

パスの基準と判断の基準が整理されるだろう。

参考:目的(本質)の捉え方で辿り着くゴールは変わる

まとめ

サッカーにおける判断は難しく、

縦パスに関して言えば、

なぜそのタイミングで前に入れる(蹴る)

なぜそのタイミングを逃してしまう(特にワンタッチで入れる縦パス)

というプレーが少年サッカーのゲームを見てると、もの凄く多い。

それでも、身体能力の差やパワーの差があれば、

強烈な威力を発揮してしまうのが少年サッカーにおける縦パス

その良し悪しを、突破できたから良しとするのか、

判断基準に基づいて良しとするのかで、

子ども達の縦パスに関する認識は大きく変わってしまう。

この認識をズレたままにしておくと、判断する事なくプレーしてしまう恐れがあるので、

指導者は、良し悪しを判断基準に基づいてジャッジしてあげなくてはいけない。

また、

指導現場で聞く言葉に、

外を使え、ワイドを使え、横を使え

というのがある。

参考:少年サッカー 手段の目的化に対する懸念~育成論の難しさ~

そもそも、子ども達の判断を奪ってる時点で疑問を感じるが、

もっと疑問なのは、

縦パスを入れれるタイミングなのに、外(ワイド・横)のジャッジをしてしまう事。

優先順位として、効果的な縦パスは何なのかの整理と、判断基準を整理して、

子ども達に自由にプレーさせる事が必要だろう。

柔軟な判断力が厳しいゲームを、勝ちに導いてくれる。

縦パスの整理をする事で、ボールの動かし方にメリハリができ、

効率的にゴールを奪うための判断の柔軟性が生まれるんじゃないかと思う。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。