ボールを奪うために必要な意識と方法論




サッカーのゲームにおいてボールを保持し続けるには、

マイボールを大切にする事

相手ボールを素早く奪う事

この2つがセットになっていないといけない。

だが、育成年代の指導では、

どうしてもマイボールを大切にする事の練習に意識がフォーカスされていて、

この子素晴らしい選手なのに、守備はできないんだな

ともったいなさを感じる選手を見る事もかなり多い。

最近では、育成年代の子ども達に

「ボールを奪う事」

の重要性を指導者講習会等で言われるようになってきた。

ボールを奪う事については、日頃の練習から、

「ボールを奪いきるまでが守備」

と言い続けてるので、

「ボールを奪う事」に対する拘りはもっているつもりだ。

トレーニング時でも、攻撃の質をあげるための要素の1つとして、

守備の強度を上げる事を子ども達には伝えている。

その際のポイントをまとめてみたいと思う。

ボールを奪うための意識の植え付け

一般的に、守備の優先順位は、

・インターセプト

・前を向かせない

・前を向かれたら遅らせる

というように整理されてると思うが、

この優先順位がしっかり整理されていたとしても、

優先順位の整理=ボールを奪う事

に繋がる事はない。

「ボールを奪う」には、まずボールを奪う事がなぜ重要なのか?

を理解させる事が大切である。

育際年代において、ボールを保持する(大切にする)事は、重要だと考えられていて、

ボールを保持するために、大切な事は、

ファーストタッチ、体の向き、ボールを受けるポディション、観る事

だったりするのだが、これらと同じで、

「ボールを奪う事」は、

ボールを保持し続けるための大切な要素として考える。

参考:これだけは絶対に外せない「守備の心得」

これは、守備をしなさい!

という大きな括りでの必要性とは明確に違って、

守備をしなさいくらいでは、ボールを奪いきる意識は生まれず、

とりあえず守備に行く程度になってしまう。

こうなった時の問題点は、ボールを奪えない、

またはルーズボールになって保持する事までいかない事。

絶対に奪いきるというところまで、守備の意識を高める事が必要である。

ボールを奪いきるための方法

個人としては、体の使い方がポイントになる。

参考:体の使い方の理解とボールの置き所を改善する方法

子ども達の守備を見ていると、足先だけで守備をして簡単に交わされる事が多い。

ボールを奪いきるためには、

最終的には、ボールが自分の懐に入りきらないといけない。

粘り強く対応し、体を入れきるタイミングを掴ませる。

そうすると、簡単に足を出したり、足先だけの軽い守備はなくなってくる。

また、チームとしては、インターセプトを積極的に狙う事はもちろん、

守備の連続性を意識させる事が必要だ。

参考:ハイプレスのサッカーがもたらすメリット・デメリット

自分のマークの役割の子がボールを離すとすぐに守備をやめてしまう事が多いが、

ボール状況を見ながら、連続して2つ3つ追える選手がいると、

相手チームは、徐々に選択肢が制限されていく。

それが、最終的には奪いきる事に繋がるのは言うまでもない。

連続性を意識させると、連動性も生まれ守備の狙いも明確になるという事だ。

まとめ

ボールを奪う事を日々のトレーニングの中で求めていくと、

攻撃側の変化も生まれるようになってくる。

マイボールを保持するには、技術もアイディアも必要だ。

例えば、ファーストタッチなんかも、

緩い守備の中では細かいところの置場所まで意識しないものが、

守備の意識が上がる事で、

自然と奪われないためにはどうすべきかと工夫するようになるし、

ボールの受け方に関しても改善が生まれる。

指導する際も、

(ボールを奪われない)そのためには何が必要か??

という課題やヒントを与える場面が増える事により、

子ども達に考える機会をより与えられるようになる。

サッカーには、攻撃と守備がある。

どちらも大切で、どちらもできる選手は、やはり上手くなることに貪欲で、

どんどん伸びていく事ができる。

また、そういう個がチームに多くいるとチームがどんどん成長していく事も必然。

個とチームを成長させるには、

守備の重要性も攻撃と同じように伝える必要がある。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。