ピッチ外の行動がピッチ内の自立に繋がる理由




ピッチ外の行動が、ピッチ内のプレーに影響すると言うが、

子ども達にその理由が伝わってないと、

結局は、

怒られるから

試合に出してもらえないから

といったように、指導者が意図した理由と異なって、ピッチ外の行動を正す

という意味のない思考パターンに陥ってしまう。

それは、ただ単にピッチ外の行動もやらされているだけで、

ピッチ内でのプレーの自立

には繋がっていかない。

ピッチ内とピッチ外が、良い意味で繋がっていくには、

その理由を明確にする必要がある。

ピッチ外の行動がプレーに影響する理由

子ども達は、プレーの際

認知→判断→実行

というプロセスを自分の中で、踏んでいるはずだ。

サッカーにおける認知・判断・技術をバランスよく育てる方法

ピッチ外の行動を切り取ると、

自分の事(道具の管理など)と、

集団の中でやるべき事(時間を守るなど)があると思うが、

いずれにしても、指導者に言われて行動する事なく、

自分で考えて行動できないといけない。

指導者も1から10までやるべき事を伝える事はないはずだ。

だが、

今何をやるべきかを見つける事なく、流れに任せてピッチ外を過ごしていては、

色んな問題が出てくる。

ピッチ外で考えて行動する事は、ピッチ内での

認知→判断→実行

のプロセスと同じ。

ピッチ外で考えて行動できなければ、ピッチ内での課題を解決できるはずがない。

遠征の際気をつけるべき事と得られる効果~ピッチ外とピッチ内は繋がっている~

ピッチ外で、指導者に言われるがままに行動する習慣がつけば、

ピッチ内でも同じように、指示を出されなければプレーできない習慣がついてしまう。

圧倒的に多いピッチ外の時間を考えて過ごす習慣ができれば、

自然とピッチ内でも考える習慣がつくというのは、

ピッチ外とピッチ内を結びつける理由としては妥当だと思う。

これは、指導者(大人)なら分かると思うんだが、子ども達に、

「ピッチ外とピッチ内は繋がってる」

とただ言うだけでは、伝わらないし、

罰を与える(走らせるなど)事をしても伝わらない。

頭で理解させ、納得させた上でピッチ外の行動に目配りする必要がある。

ピッチ外の失敗への対処法

それでも子ども達。

いくら頭で理解してても、集団になるとリミッターが外れる事もある。

よくあるのが、遠征先行きのホテルでの行動。

騒いでは、他のお客さんに迷惑がかかると分かっていても、

ついつい騒いでしまう事もある。

そんな時は、分かっていてやった失敗なのか、

分かってなくて失敗したのかをまず確認するといい。

分かってなくてやった失敗なら、理由を教えてあげればいい。

問題は、分かっていてやった失敗。

これについては、制限をかけるようにしている。

例えば、ホテルで騒ぐなど分かっていてやった失敗なら、

部屋の行き来を禁止するなどで対処するんだが、

それよりも大事なのは、

やった事に対して、自己責任を取るという意識を持たせるという事。

もちろん、その際は、

分かっていて⚪⚪したんだから、⚪⚪するのは納得するしかないよね

と一言添える。

この一言がないと、ただの罰になってしまうので、

「納得させて」

というのがポイントになる。

参考:結果に対する成長の考え方~結果を現象として捉える~

まとめ

ピッチ外でもピッチ内でも失敗はつきもの。

その失敗に対し、どう対処するかで

子ども達の次のチャレンジが変わってくるように思う。

子ども達のピッチ外とピッチ内が繋がっているように、

指導者のピッチ外とピッチ内のアプローチも一貫している事が大切だ。

ピッチ外での失敗をただ怒って解決し、

ピッチ内の失敗もただ怒って解決していては、

子ども達に「自立」の大切さを説いたところで、

子ども達は納得する事はないだろう。

なぜ??

の答えをピッチ外でもピッチ内でも持っていなくてはいけない。

参考:「なぜ?」という言葉の魔法~受け身からの脱却~

ピッチ外の行動が素晴らしいチームは強い。

それは、困難な状況になった時に発揮される強さ。

その強さの正体は、考える力なのではないかと思っている。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。