少年サッカーにおけるセカンドトップ(ST)の役割




少年サッカーを見ていると、チームの中心的な子は、

中盤の真ん中に位置する事が多い。

いわゆる司令塔と言われるポディション。

ゲームを作る事が、大きな役割で、

司令塔と聞くだけで、プレーのイメージもわいてくるだろう。

その司令塔と呼ばれるポディションとよく比較されるのが、

セカンドトップ(ST)というポディション。

8人制サッカーにおいて、セカンドトップの役割を担える選手がいる事は、

チームにとって大きなメリットである。

その理由を、セカンドトップの役割をまとめる事で明らかにしたい。

セカンドトップの役割とは??

自チームでは、

攻撃においては、

ゲームを作る事

決定的なパスを出す事

点を取る事

守備においては、

トップの選手と連携を取りながら前線の守備の出発点になる事

相手の攻撃を限定させる事

という役割を与えている。

攻守においてはハードワークする事を求め、チームの中心として、

役割が多いのが特徴だ。

また、システムによっても役割が変化すると思うが、

例えば、3-1-2-1のシステムを採用した場合、

セカンドトップの位置は2の部分。

3バックの1つ前にアンカーの1枚を配置し、

セカンドトップ2枚とトップ1枚をイメージして欲しいんだが、

ゲームを作る場合は、3バックとアンカーからのボールの配給の受けにまわる。

また、状況によっては、サイドバックが持った時に、同サイドのスペースに走る事もある。

これは、全てのポディションの選手に言える事なんだが、

全体のバランスを意識しながら、ポディションを考えないと、

役割を失う事になる。

特に、セカンドトップの選手は、その役割が多岐にわたるために、

ボールを受けるべきなのか?

ボールを引き出す(スペースに走る)べきなのか?

を判断できないと、チームとして何をやるべきかの方向性が曖昧になってしまう。

セカンドトップをやらせる上での注意点

特に、少年サッカーの場合は、子ども達の理解度に差があるために、いくつかの注意点がある。

これは、実際に指導してる中で起こるプレーなんだが、

・トップの選手との関係性だけを意識し、常にスペースの飛び出しだけを狙っている。

・トップの選手と同じように高い位置のポディションを取り続ける。

・ボールを受ける事ばかりで、トップとの関係性を作れない。

簡単に言うと、役割をうまく理解できず、

トップの役割司令塔の役割のどちらかにプレーが振り切れてしまうという事。

参考:3-1-2-1のシステムの中での1トップの役割と期待する4つの事

そもそも論になってしまうが、

役割をしっかり確認した上で、状況を判断しながらプレーする事を求めないと、

セカンドトップとして役割を与えるはずなのに、

単純なプレーに終始してしまい、役割を果たす事ができない。

また、チームの中心としてその役割を担うため、

メンタリティーの充実も必要だ。

攻撃の軸となる選手のメンタリティーが充実してなかったら、

攻撃が上手くいかなくなる事は容易に想像できる。

そのポディションでの役割をしっかり理解させ、

強いメンタリティーを持ってゲームに臨ませてあげる事が必要だ。

まとめ

自チームで3-1-2-1を採用しながら、セカンドトップを2枚配置するのには、

これまで述べてきたように、

その役割が多い、かつ、このポディションをこなせる選手が2枚いたら、

攻撃にバリエーションが多く生まれるという事を感じるからだ。

だが、ここで間違って欲しくないのは、

決してシステムに子ども達を当てはめてサッカーをやる事はないという事。

参考:少年サッカーにおいてポディションの固定化は必要か??

色んなポディションもやらせるし、色んなシステムの中で、

それぞれが考える習慣を身に付けれてのゴールが、

このシステムを採用する事だと思っている。

セカンドトップのポディションは、柔軟性が求められるため、

誰でもやれるポディションではないが、誰にでもやる機会を与え、

ゲームの中で成長させてあげるという考え方も必要だろう。

個育てとチーム作りを進める上で、セカンドトップの理解は、

どちら(個・チーム)も成長させるためには、面白いポディションだと考えている。

このポディションをやれる選手が2枚だけに限らず、どんどん増える事で、

他のポディションを与えられた時にもその役割をきちんと理解できる

バランスの良い個とチームが育つ事になるだろう。

強いチームには、賢く考えてプレーできる選手が多くいる。

参考:賢い選手とは~状況に応じたプレーの修正と妥協点を見つける力~

役割が多いセカンドトップのポディションの考えを、

ぜひ、個育てとチーム作りの参考にして欲しい。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。