スタミナという言葉を少年サッカーに生かす方法




少年サッカーにおいてスタミナは必要か??

この答えは、絶対にYES。

少年サッカーの試合時間は、20分ハーフの40分

もしくは、

15分ハーフの30分。

決して長くなく、

スタミナは絶対に必要!!

と声を大にして言うまでもないんだが、

ここを否定してしまうと、

走らなくても、技術の方が大事だから、頑張る必要なんてない。

と、メンタルに悪影響を及ぼす事が出てきてしまう。

サッカーにおけるスタミナの考え方

サッカーにおけるスタミナとは、

単純に解釈すると、

試合時間内でパフォーマンスを維持し続ける力

と言う事ができる。

子ども達には、常々

サッカーは考えてするもんだ

と言っている自分としては、

スタミナよりも、技術を発揮できるように考えてサッカーする事が必要

と言いたい所だが、

スタミナの必要性を子ども達に説く事ができなければ、

101%の頑張りも引き出せない。

参考:100%の力を出しきる事の大切さ~たった1%の差が未来を変える~

あまりにも、

考えてサッカーする事

技術の必要性

ばかりを説いていると、

省エネしてサッカーをやるにはどうすればいいか??

という、子ども達にとっては、

考え方の弊害と言えるような問題が生まれてしまう。

矛盾するようだが、

相手より走らずゲームをコントロールするには、

考えてサッカーする事や技術が大切だと思ってるし、

ジュニアサッカーの段階で、スタミナの必要性を最上位として

主張する事はナンセンスだとは思ってるが、

子ども達の力を最大限に引き出すには、

スタミナは大事という事を、

考えてサッカーする事や技術と同じように大切なものと

認識させてあげる事が大切である。

スタミナがある・ないに見られるプレーの違い

実際に指導してて感じる事は、

スタミナがある選手と言われる子は、

精神的にタフだし、

スタミナがない選手は、

精神的に物足りない部分が多い。

スタミナ=持久力

だから、

動く量が多いから当たり前でしょ!

と思われそうだが、

ここで言いたい精神的なタフさとは、

その子の持ってる力の中で、あとひと踏ん張りを出せる力。

玉際の攻防

チャンスの時、ピンチの時に走る事をサボらない

キツイ時こそ頑張る

こんな力だ。

参考:マインドセットの重要性~単調に「走る」練習の中で思う事~

そして、このような力は、スタミナと必ずと言っていいほど比例している。

まとめ

少年サッカーにおいてスタミナは必要か?

という疑問と同時に、

スタミナの付け方について悩んでる人も多いと思う。

どんな走り込みをした方がいいか?

家でできるスタミナをつける方法は?

など、スタミナをつける事に関して方法論を知りたい所だろう。

だが、スタミナだけを切り取って何か練習が必要か?

と聞かれれば、

少年サッカーの段階では必要ない

と答える。

それならば、技術を高める事をやった方がいいし、

動き作りやステップの練習をした方が子ども達の将来に繋がる。

自分の中では、

子ども達にスタミナの重要性を伝えるのは、

その子の最大限を引き出すためのツールのようなもの。

これからの子ども達の成長のために、

精神的なタフさをどうやって身に付けさせるかを考えた時に、

スタミナをつけなければいけない

という事が、子ども達にとっては、

スタミナ=あとひと踏ん張り頑張りきる

というイメージと結び付きやすいからである。

難しいのは、

頑張りきる事にフォーカスし過ぎると、

考えてプレーする事や、技術がおろそかになる部分。

「頑張る事は当たり前で、その上で何を身に付けるか」

ドイツと日本の架け橋に~頑張るときはいつも今~

というスタンスを取る事を、

自分なりに考え方のバランスを取る言葉にしている。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。