合宿におけるチームビルディングの大切さ

夏休みは、個の成長、チームの成長にとって大事な期間。

合宿・遠征

日常と違う生活サイクルは、子ども達にたくさんの気づきを与えてくれる。

だが、

その気づきを与えれるかどうかは、

ただ単に合宿・遠征の機会を子ども達に提供するだけではいけない。

自分達のやるべき事を考え、自分達で行動する

ということをやらせなければ、

結局は、普段の家での生活と何ら変わりないものになる。

合宿はチームビルディングのチャンス

合宿となると子ども達テンションは上がり気味。

この気持ちをフワフワさせたままだと、お遊びで終わってしまうが、

目的意識を持たせる事で、チームの結束力は高まる。

チームビルディングをするチャンスだ。

参考:「エディー・ウォーズ」書評~チームビルディングについて考える~

始めのうちは1から10まで言わないと何もできない子ども達が、

合宿を重ねるうちに、徐々に自分達で考えて行動できるようになる。

そして、それはピッチの上での変化をもたらしてくれる。

声を掛け合ったり、自分達で雰囲気を盛り上げたり。

指導者側から仕掛けているようで、自然に出来上がってくるチームの結束力。

それが、合宿のもたらしてくれる力だったりする。

チームビルディングから見える世代別の強さ

言わずもがなだが、

強い世代ほどチームビルディングに苦労しない。

それは、子ども達の「自主性」の力が助けてくれるからだ。

「自主性」×「情熱」で満たされるコップの話

そして、そこには必ずリーダーの存在がある。

このブログで何度も紹介してる大起もそんな子だった。

周りを動かす力を持っていた。

決して、サッカーができるとか、性格的に強いとか権力的な影響力じゃなく、

慕われる事ができるリーダーで、

子ども達も、

あいつが言うならしょうがない

というような感じだっただろう。

松岡大起という男~夢を実現させたのは必然だった~

大起だけじゃなく、その他にも色んな子がいたんだが、

子ども達の中から、リーダーが自然発生的に生まれるような学年は、

やはり、サッカーの試合においても勝負強い。

土壇場の底力を持ってたような気がする。

チームがビルディングされている証拠

なんだと思う。

まとめ

チームビルディングされる効果は、

チームとしての結束力だけでなく、個の成長にも影響を及ぼしてくれる。

チームとして成熟すればするほど、仲良しだけの関係が、

目的意識を持った集団に変化する。

そこでは、決しておふざけは許されず、

お互いがいい意味でのライバル。

このような雰囲気は、合宿を重ねていく中で自然に出来上がってくるものだが、

最初は、やはり指導者がどうアプローチしていくかにかかっている。

できないのは、当たり前。

できないから、手を貸し続けるでは、いつまでたっても子ども達から「自主性」は生まれない。

失敗させながらでも我慢して、自分達でという意識をつけさせていく事が大切だ。

これをやっていくと、思わぬ効果も見られるようになる。

合宿で、上の学年と下の学年が一緒になった時に、

上の学年が下の学年の子達を世話して教えてあげる。

これこそ、サッカーを通した教育と感じる瞬間だ。

そして、これはチームの伝統になりながらどんどん繋がっていく。

チームカラーができていく理由も、こんな取り組みの積み重ねによるものなんだろう。

参考:クラブの伝統を繋ぐための好循環~人材(人財)育成~

夏を越えたら子ども達は、一皮剥ける。

それは、ある学年にとっては、

「自主性の芽生え」

また、ある学年にとっては、

「自主性の成熟」

の結果なんだと思う。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!