サッカーにおける判断と決断の関係性




サッカーは、よく判断のスポーツと言われるが、

子ども達のサッカーを見ていると、決断力の不足も感じてしまう。

決断力は、自分に自信を持つ事で磨きがかかると思うんだが、

サッカーにおける決断力は、判断力とセットで考える事ができないといけない。

決断力があるから良いプレーができてるかと言われれば、そうではなく、

判断がないプレーの決断は、

本当の意味での決断力とはほど遠い。

判断材料を増やす

答えはこれしかない

という時に、決断する事は簡単だ。

決断が難しくなるのは、たくさんの判断材料がある時。

普通であればそうだろう。

だが、サッカーを考えてみる。

サッカーのプレーは、常に流動的であり、

判断し、決断したプレーをその都度正解かどうか検証する事はできない。

もしかしたら、正解はその瞬間のプレーに2つも3つもあるかもしれない。

普通に考えると、

判断材料が少ない方が決断する事が簡単

のように感じるが、

サッカーにおいては、答えが複数ある可能性もあるので、

決断力の高さは、判断材料の多さに比例するという事が言えるのかもしれない。

少なくとも、子ども達のプレーを見てると、

判断材料が多い方が、決断を容易にしているように見える。

参考:サッカーにおける認知・判断・技術をバランスよく育てる方法

メンタリティーの重要性

判断しながらプレーをしている子は、見ていてすぐ分かる。

その子の失敗に注目してみるとよく分かるんだが、

判断しながらプレーしようとしている子は、

ミスが意図的だ。

参考:意図的なミスを作り出す必要性~キッズ年代のサッカー環境を考える~

その場しのぎでプレーした事がミスに繋がってるんじゃなく、

こうゆう事がやりたかったんだろうな

というのが伝わる。

その際、

相手の力が上だったり、プレーを読まれていてミスに繋がるケースは、しょうがないんだが、

せっかく判断してプレーしようとしているのに、

決断が遅れてミスに繋がっているケースもある。

一概には言えないが、

決断が遅れてミスに繋がるケースは、

メンタリティーの問題が大きく関わっているように感じる。

自信なさげにプレーしている子に、

この決断遅れのミスをする子が多い事は確かだ。

こういった子には、意図的なミスであった事を評価し、

少しずつ自信をつけさせてあげる事が必要だろう。

参考:個の成長に必要な3つのキーワード~「自信」「柔軟さ」「謙虚さ」~

まとめ

子ども達の判断を奪ってはいけないのは、

子ども達が考える事をやめてしまうから

という理由にプラスして、

決断力を鈍らせるという事も言えると思う。

判断しなくていい時、決断が早くなるのは決して決断力があるという事ではない。

判断と決断はセットになっていて、

判断しながら色んな決断をしていく中で決断力は磨かれていく。

また、決断をする事において、メンタリティーは重要だ。

自信がなければ、決断が遅くなる。

サッカーにおいては、それがミスに繋がる。

子ども達は、何かとすぐ答えを求めがちだ。

それは、判断する必要がなく、決断する必要もないから。

だが、

答えを与えるだけでは、決して判断力も決断力も育たない。

判断させ、決断させるために、

指導者は、どうアプローチすべきかを考えるべきである。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。