読書がサッカーに及ぼす影響~追体験からの実体験~

読書するのが好きなんだが、

子ども達にも、指導者の方にもぜひ読書を勧めたいと思う。

自分が良く読むのは、やはりサッカー関係。

サッカー選手の本だったり、

監督・コーチが書いてる指導書だったり。

読書は、想像力を働かせると言うが、

それプラス、

サッカー選手や監督・コーチの追体験ができるのが魅力と思ってる。

小さい頃も本を良く読んでて、

あの選手が⚪⚪と書いてた。

なら、チャレンジしよう!

みたいな感じで、頭の中で追体験した後、実体験にうつしたりしていた。

その中で、

これは納得だ。

やっぱりプロはすごいな。

みたいな感じで、色んな感覚を楽しんでた気がする。

それぞれの視点から学ぶ

指導者をやり始めて、やっと選手の視点が見えるようになってきた。

子ども達も監督・コーチが書いてる本を読んでみるといい。

指導者は、こう考えてるんだ。

そんな選手が必要なんだ。

チームで闘うには、自分勝手じゃいけないな。。。

など、色んな発見があると思う。

逆に、

指導者も選手の本を読む事で、

指導者としての大切な資質を、新たに発見できるかもしれない。

実体験に勝る事はないと思うが、

それぞれの視点を本の中で追体験してみる事で、

見える景色も変わってくる。

一方からでは見えなかったのが、視点を変える事で見えてくる事もある。

つまりそれは、

考え方の幅が広がるという事。

チーム作りをする上で必要な3つの事~全日テクニカルレポートから考える~

実体験するにしても、

絶対に知識量や考えの幅は、多かったり、広かったりした方がいいはず。

ノープランで旅行に行くより、(個人によって違うかもしれないが)

下調べした方がワクワク感が出るし、行った先で感じるものが多いのと同じだ。

追体験だけで終わらない

せっかく読書するならという事で、これは言っておきたい。

読んだらその気にさせるというのも読書の力。

追体験する事で、あたかも自分がその世界に入ってしまったような感覚になり、

それで満足して終わってしまう事がある。

読書する事は、インプット。

しっかりインプットしたら、アウトプットしないと自分の力に変わる事はない。

子ども達なら、ノートに書き出して、部屋の壁に飾ったり、

実際のグラウンドで試したりする。

指導者なら、ブログを書いたりツイートしたりするのもいいだろう。

アクションを何かしら起こす事が大切だ。

一番は、やはりグラウンドの上で、実体験する事だと思うが。。。

最近、ドイツでは、

サッカーのフィジカル的限界値は来てて、変えれるのは、頭の中だ。

と言われている。

これは、

子ども達にフィジカル的限界値はきてないにしても、

いずれフィジカルだけじゃ闘えないよ!

という警告と捉えていい。

身体能力の差がある相手への1対1の守備の対応方法

フィジカル差があるジュニア期から、フィジカルに頼らず、

頭のトレーニングも積み重ねる事が、将来頭を使える選手になる唯一の方法だ。

まとめ

本を読むのは、本当に好きじゃないときついと思う。

動画の方がインプットには簡単なんだろうが、

動画よりも読書の方が想像力を膨らませてくれると思う。

頭を使う部分(脳を刺激する事)が多いという事。

サッカー脳を強化する~脳はワクワクが大好き~

読書も習慣化してしまえば、本を読むことが楽しくなる。

と言っても、

本はそこそこの値段もするし、何冊も買えるものではない。

そこで、お勧めなのが、

AmazonKindle

自分は、このサービスのおかげで1ヶ月に最低10冊くらいは読めてる。

追体験実体験

インプットアウトプット

考える事が増えると、新たな可能性も広がってくるはずだ。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。