ファーストタッチの質をあげるコツと課題




サッカーにおいてファーストタッチの質をあげる事はかなり重要。

ジュニア年代のゲームで目立つのが、ファーストタッチでのつまずきが、

その後のプレーを制限しているプレー。

ファーストタッチのミスでボールを奪われる事もあれば、

ファーストタッチの置き所が悪く、パスの質を落としてしまう事もある。

細かくあげれば、もっとたくさんの事がファーストタッチ発信で制限されている。

今、コパアメリカがあってるが、南米の選手達はとにかくファーストタッチが上手い。

速いボールも「ピタッ」

浮きボールも「ピタッ」

多少体勢が崩れていようが「ピタッ」

まるで、ボールと身体が一体となってるようだ。

そのコントロールしてる様が「ナチュラル」であるから、

自然と顔もあがるし、キックまでの動作もスムーズに見える。

改めて、ファーストタッチの重要性をゲームを見ながら感じてたところだ。

参考:サッカーにおける1対1の重要性~1対1に勝つには?準備・ファーストタッチ・ドリブル編~

そんな事もあり、子ども達にとっていい練習がないか探してたところ、

良い記事と動画を見つける事ができ、

実際に自チームで実践してみた。

ファーストタッチのコツ

まずは、

記事を読んで、イメージを作ってみて欲しい。

「ボールを一回で止めよう。ボールは地面を滑って平行の力で向かってくるけど、足のインサイドで面を作って跳ね返すように触るのではなく、身体を上から下に落とすイメージで、縦方向の力を意識してボールに触ってみよう」

参考:COACH UNITED(数的不利な状況を打開する技術トレーニング)

確かに、跳ね返すようなイメージだとボールは、

ピタッ」とは止まらない。

いい表現だと思う。

これを動画で見てみると、さらに分かりやすい。

この動画を見て、あるチームの練習を思い出した。

参考:有名街クラブチームに学ぶ~当たり前の事を当たり前にできる大切さ~

群馬県のファナティコスというチーム。

昨年の全少でアップを見ている時に、目が釘付けにされた。

そのアップの時に徹底してやってた対面パスと全く同じだ。

おそらくだが、

同じようなイメージで、ファーストタッチのコツを伝えていると思う。

自チームでの実践

この記事とこの動画。

そして、ファナティコスのアップとリンクした事により、

さっそく、自チームの子ども達で実践。

すると、面白いようにボールが止まる。

全員とまではいかないが、

早くコツを掴んだ子達は、反復しながらどんどん精度が上がっていく。

逆に、コツを掴めない子は、

・身体に余計な力が入る

・重心を落とすタイミングが悪い

という事を感じたので、

上半身をもっとリラックスさせよう

ボールを掴むイメージでタイミングを合わせてごらん

とアドバイスしてみると、少しずつコツを掴めてきた。

まとめ

ファーストタッチの質が上がると、

プレーの幅は広がるはずだ。

これからの課題を挙げるならば、

プレー中のプレッシャーがある中で

動きながら

という事になるが、

何となくやってた部分を、「言語化」でき、イメージに落とし込む事で、

段々とコツを掴めるようになってくるだろう。

参考:「言語化」することで得られる3つの効果

後は、どれだけ継続しながら反復できるか。

ファーストタッチの改善で、

「奪われないサッカー」に近づけると思っている。

止める」「蹴る」「運ぶ」の基本技術をジュニア年代に徹底できると、

積み重ねができ、

後々、能力差が追い付かれる、または、縮まった時に、

その大切さを実感できるはずだ。

何をどう伝えるかで子ども達の将来は大きく変わる。

参考:サッカー指導は、プラモデルの組み立てに似ている~全体像をイメージし、細部をコツコツと~

指導者は、しっかり勉強しないといけない。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。