結果に対する成長の考え方~結果を現象として捉える~

試合に出る以上、結果に拘る。

これは、絶対ブレる事ないし、目指せる目標がある以上、

日本一を目指す

と子ども達には言ってる。

子ども達もその気で練習に取り組んでいる。

大きなモチベーションになる要素の1つだ。

日本一なんて無理と思ったら、

可能性を潰す事になってしまうからね。

だが、勝負に拘りながらも、結果に左右されない軸も持っている。

結果は成長の種

ありふれた言葉だが、

結果は捉え方次第で成長の種になる」事は間違いない。

大会の重み・相手などで捉え方は変わるとは思うが、

勝っても負けても、その結果を成長の種にすることができる。

ただし、その前に大前提がある。

これが、結果に左右されない軸と言っていい。

それは、

結果の前に、その試合に子ども達が全力を尽くしているか?

という事。

参考:結果に対する心の在り方と成長の可能性

うちのチームでは、合言葉みたいに、

「覚悟」「意地」「決意」「プライド」

を試合前の合言葉として大切にしてるんだが、

体の内からふつふつと湧いてくるようなエネルギーを、

その試合に対して発揮する事が出来なければ、

結果は、成長の種にはなり得ないと思っている。

つまり、

結果は、ただの現象に過ぎない。

という事が言えるだろうし、そう思えていないと間違った方向に進んでしまう。

日本一を目指す」んだが、

目の前の試合に全力を出し尽くす事が、最も大切な事で、

それができて初めて、結果が成長の種なりうる。

結果だけで評価する事のリスク

結果を、取り組んできたこと、全力を尽くした上での現象

と捉える事ができないと、

勝ったから、自信がついた。

負けたから、次頑張ろう。

安易に解釈してしまう癖がついてしまう。

参考:サッカーにおける癖の解釈とその改善方法について

最悪のケースは、負けたから罰走などの理不尽に繋がる事。

理不尽の多くは、結果を単純に、頑張りや取り組みが足りない

というこじつけに利用しているだけに思えてしまう。

また、成長の種にするのであれば、結果に対して、

今後の具体的なプランを持たなくてはいけない。

そのためには、結果に対する現状分析は必須だ。

結果ありきで中身を見てしまうと、現状の課題が見えなくなってしまう。

結果だけで、全体を評価する事には、このようなリスクが伴う。

まとめ

勝利至上主義も、理不尽な体罰も、

結果が評価基準の最上位に位置している事

が原因の1つではないかと思う。

参考:全国大会をめぐる問題点~チーム至上(私情)主義~

サッカー界から体罰を排除せよ!!

変な言い方だが、結果だけを切り取るという事は、

指導者は楽に基準を子ども達に示す事ができるし、考える手間も省けてしまう。

日本一を目指す

と言えば、言葉が独り歩きしてしまって、

結果だけに拘っていると解釈されがちだ。

また言葉によるイメージは強く、

内容・質は度外視され、勝つためのサッカーと誤解されることもある。

それは、よしとして。。。

とにかく、目指すべき場所を定めながら、

試合を上手く成長の種にできるように、

結果は現象に過ぎない

という考え方を持ち合わせておく必要があるだろう。

結果に拘りながらも、冷静な分析力が必要だ。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!