ハイプレスのサッカーがもたらすメリット・デメリット

ジュニアの試合で、相手へのプレッシャーがめちゃくちゃ速いチームを見る事がある。

いわゆるハイプレス

見ていて子ども達は、一生懸命ボールを追いかけるし、

最後まで食い下がっていく気迫も見えるし、

見ていて感心する事も多いんだが、

どうも「ハイプレスのサッカー」は、

ネガティブなイメージで捉えられがち。

あのチームは、ハイプレスだから勝てるんだ

あのチームの特徴は、ハイプレスなだけ。事故狙いのプレーが多い

確かにそんなチームもあるかもしれないが、

ハイプレスをかけながらゲームをするというのは、

ただがむしゃらにだけじゃ成立しない。

そのためには、

大前提として、気持ち任せのサッカーになってないか??

技術・戦術理解をできた上で、

ハイプレスのサッカーをやっているのか?

が重要になる。

ハイプレスサッカーのメリット

ハイプレスのサッカーをやる子ども達の視点からメリットを考えてみる。

・運動量の増加(ハードワークの獲得)

・考えてプレーする機会の増加

・ボールを奪う事に関する積極性が身に付く

・ボールを奪う位置が良ければショートカウンターに繋がる

大体この4つくらいだろう。

守備ブロックを堅めて守る事と違い、

ボール(相手)に対して、個としても、チームとしても、

守備の連続性を意識しなければいけない。

必然的に、運動量は増えるし、

適当に追い回しても駄目なんで、考える力も求められる。

また、ハイプレス=相手の自由を奪う事なので、

相手との距離感は近くなり、ボールを奪える距離感になる機会が、

ブロックを堅めて守る事に比べ劇的に増える。

当然ハイプレスをかけてボーッと見ているわけじなゃない。

ハイプレスの目的は、ボールを奪う事にあるので、

ボールを奪う事に関する積極性が身に付くはずだ。

これだけは絶対に外せない「守備の心得」

そして、最後のショートカウンターに繋がるというメリットだが、

特に、ジュニアサッカーの場合だと、技術が未熟なので、

ビルドアップする時にミスが頻繁に起こってしまう。

そのミスを誘発するのが、プレッシャーである。

ハイプレスを前線の選手から積極的にかけていく事で、

より高い位置でボールを奪う事が可能になり、

そのままショートカウンターに繋げる事ができる。

ハイプレスサッカーのデメリット

メリットとデメリットは、裏表の関係にあるので、比較しながらまとめてみる。

まずは、考える力が大きく関係する。

状況を判断できなかったり、予測が足りなかったりすると、

ハイプレスに行ったつもりが、全部後手に回ってしまい、

無駄な運動量を強いられる。

剥がされたというよりは、剥がれてしまった

という方が適切だろう。

想定外を想定内にする方法~技術・予測・経験値~

そして、この後手のプレスを繰り返すと、無駄に体力を消耗し、

攻撃に切り替わる時に、パワーがなくなってしまう。

目的がある運動量の増加は、メリットと言えるが、

強いられる運動量は、デメリットになってしまう。

また、例え状況判断がよく、予測もありながら、チームとしてハイプレスをかけれたとしても、

相手の技術が高いレベルの場合、

ハイプレスが、かっこうの餌食になる事がある。

ハイプレスをかけるという事は、

イメージとしては、プレッシャーが1つの所に集中するという状態。

剥がされたら、一気にピンチを招く種になり得る。

相手の矢印の理解と駆け引きの必要性

そうなると、奪いにいく事に躊躇し出すというデメリットが生じてしまう。

加えて、良い位置でボールを奪いショートカウンターに繋げる事もできなくなり、

奪いにいく事で、相手に余計にスペースを与えてしまう。

高い位置で奪いに行くことが、相手からカウンターを受けてしまう事にも繋がってしまう。

まとめ

プレーに対する積極性を身に付けさせたければ、

特にジュニア年代のサッカーの場合は、

守備のベースは、ハイプレスにあるべきだと思う。

積極性と集中力と学んできた事の積み重ね

まずは原則から入るのがセオリーと思うが、

そこばかりを重視していては、

「ボールを奪う」

という意識は、なかなか浸透していかない。

原則の話をする時も、ハイプレスを頭に入れさせながらトレーニングしていった方が、

経験上、ボール奪う事に対する積極性は身に付いていくように思う。

だからといって、いつもハイプレスでいいか?

というとそうではない。

ゲーム中は、ハイプレスでどんどんいける事もあれば、

遅らせてリトリートして守る場面もある。

ベースは、ハイプレスに置きながらも、

結局は、考える力が育たなければ、守備における総合的な力は育たない。

デメリットでも書いたように、相手によってはハイプレスが、

自分達を不利にさせる事がある。

柔軟に対応する事が必要だ。

ただ、ベースがなければ、守備組織を作るのは難しいと感じている。

だとすれば、ジュニアサッカーでは、守備ブロックを堅めるより、

ハイプレスの方が取っ掛かりとしてはいいでしょという見解だ。

最後に、1つだけモヤモヤ感が残るのを消しておきたい。

お互いハイプレスを掛け合うと、一見めちゃくちゃお互い頑張ってるように見えてしまう事がある。

だが、

頑張る事は当たり前だし、質が伴わなければサッカーとは言い難い。

てる視点を失ったハイプレスは、結果への異常な拘りを生んでしまう。

ハイプレスが、

子ども達の技術を上げるため、

判断のスピードを上げるため、

考えてみサッカーできるようになるため

の手段として、適切な位置付けにならないといけないと思っている。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「サッカーは社会の縮図」「サッカーは人生の縮図」サッカーとともに活き活きとした人生を送れるように、「良い体験」×「良い言葉」による子ども達の育成を目指しています!!