昨今の教育の変化から感じる「考える事」の習慣化の必要性

うちの会社では、サッカークラブの他にも色んな事業部があって、

日中は、サッカー以外の部分で働かせてもらってる。

その中の活動の1つに、

オリパラ事業(スポーツ庁)というものがある。

早稲田大学熊本県教育委員会と連携し、

オリンピアンの方を呼び、講話・実技指導をしてもらったり、

子どもの体力向上のために、小学校に行き

運動指導をさせてもらうんだが、

そこで、

「教育の変化」

というものを感じた。

体育の授業における変化

この事業では、

全て(45分間)授業を受け持つ事もあれば、

先生方のサポート役で、個々に必要に応じてアドバイスをする事もある。

サポート役に入った時、

先生から児童への問いかけが多いという事に気付いた。

参考:「なぜ?」という言葉の魔法~受け身からの脱却~

自分達の時代は、詰め込み教育。

体育の授業でさえ、もっぱら同じ動作の繰返し。

コツを教えるよりも、体で覚えろだったんだろうか??

どうやったらできる??

なぜできない??

を理解させるような、「考える力」が求められている。

試験問題の変化

少し前だが、

高校入試に向けて家庭教師をやっていた事もあった。

勉強も、同じく詰め込み教育。

高校・大学入試はある程度パターン化され、

勉強の量と成績はある程度比例していたように感じる。

公式を覚えておくのは当たり前だが、問題はパターン化され、

答えを導き出すための方法も1つ。

出題のニュアンスは違っても、そのパターンに気づきさえすれば、

答えにたどり着く。

だが、教えていて感じた。

これ、パターンだけじゃ解けないって。。。

入試問題を解いてみても、一筋縄じゃいかない。

明らかに自分達の時代とは変わっていて、

単純に答えを出す問題よりも、その場で答えを導き出す問題が多い。

パターン化せずに、もってる知識をフル動員させながら答えを導く。

「考える力」を育てるためだろう。

まとめ

持論として、運動も勉強も習得のコツみたいなものは同じだと思っている。

自分達の時代は気付かなかったものが、指導者になった事で、

別の角度を持って見えてきた。

運動も勉強も、単純な反復によるものから、

質を高めて(考える作業をしながら)量を確保していかなければいけなくなっていると感じる。

努力の方向性を確かめる方法~正しい努力を積み重ねるために~

ますます、この動きは加速するだろう。

「考える力」がより問われる時代になってくる。

スポーツの世界では、根性論・精神論の時代から、

科学が切り離せないものとなっている。

データの活用による戦術の分析。

それに伴う、個々への柔軟性の要求。

参考:個の成長に必要な3つのキーワード~「自信」「柔軟さ」「謙虚さ」~

科学を活用するには「考える事」が必要だ。

話は教育へ戻るが、

そう考えると学校教育は、子ども達にとって大きな役割を担っている。

勉強する事を無視していては、良いサッカー選手にはなれない。

なれるかもしれないが、引退後社会に取り残されてしまう。。。

昨今、社会体育の重要性が叫ばれてきた。

そこに関わる指導者の質は、間違いなく問われる。

サッカーの指導者として、サッカーを教える事以外にやるべき事があると思う今日この頃。

自分自身がアンテナを張り、考える習慣をつけなければ、

子ども達を導く事はできない。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。