イメージ先攻の決めつけプレーをなくす方法




サッカーする時のイメージって凄く大切だと思う。

個のレベルで言えば、この状況ならココが空いてるなと自然と気付けたり、

チームレベルで言えば、イメージの共有なんて表現をするけど、

流れるような攻撃で相手の守備を崩したり。

イメージが良くなれば良くなるほど、相手が予期せぬプレーができるようになるし、

プレーのクリエイティビディー(創造性)は、

良いイメージの積み重ねによって生まれる事も確かだと思う。

実力を発揮するために~イメージトレーニングと思考の足跡を~

だが、イメージだけでプレーすると、うまくいかない時は、とことんうまくいかない。

イメージプレーの前に身につけておく事

イメージを深めるためには、プレーの引き出しを増やす事が必要だ。

その引き出しが行き当たりばったりのプレーによって増えていったら、

そこで蓄積されるイメージ当然狭い範囲のものになる。

良いイメージを引き出すために、土台となる基礎をしっかり身につけておくべきだ。

参考:基礎・基本の徹底

・ボールを思ったところに止めれる

・ボールをおもったところに蹴れる

・自分のスピードに合わせてボールを運べる

・相手を観てプレーできる

「止める」・「蹴る」・「運ぶ」・「観る」

この技術がおろそかになって起こる現象が、

自分のプレーに精一杯になりすぎて、周りが見えなくなる事。

周りが見えないという事は、余裕がないからで、

そんな状態では、イメージが深まる事はない。

イメージが深まらないから、その場しのぎの決めつけプレーが増えてしまう。

相手がプレー基準に入っておく事

決めつけプレーはある意味パターン化されたようなもの。

ワンツーしようとして味方が走ったら、相手を見ずにワンツーしてしまう。

相手を背負ってるのに、無理やりターンしてしまう。

相手の逆を取れてるのに、自分この感覚だけでさらに切り返す。

こんなプレーは、よく見る光景だろう。

決めつけプレーベスト3に入るようなイメージ先攻のプレー。

原因は、さっきも述べたように、

基礎的な技術の足りなさからくる余裕のなさだ。

だから、基礎的な技術も相手のプレッシャーがある状況で

というところまで深めないといけない。

ノープレッシャーで⚪⚪

動きながら⚪⚪

プレッシャーを受けながら⚪⚪

段階的に基礎的な技術レベルを上げていくことが必要だろう。

基礎的な技術というとノープレッシャーで反復を繰り返すというイメージがあるが、

基礎のくくりもとても深いと思う。

常に相手が基準になった上でのプレーをできるようになると、

相手の状況を見た上でのイメージが沸いてくる。

これが、イメージが深くなる事と考えている。

まとめ

よく攻撃の型を染み込ませるためにパターン練習をする事がある。

これは、イメージを持たせ、体に動きを染み込ませる意味があるが、

相手が入った瞬間に成立しなくなったりする。

そうなるのは、技術が未熟か、相手が基準に入ってないかどちらかの理由だろう。

だから、イメージを深める(決めつけプレーをなくす)前にやるべき事を明確にしておく事が必要だ。

イメージを否定してるわけではないし、

イメージトレーニングによってクリエイティビディ(創造性)は増すと思うが、

現実とのギャップを感じなければいけない。

イメージが先攻するだけだと、なかなかプレーは成功に結び付かないだろう。

しっかりした土台があってこそ、良いものが積み上がっていく。

上部だけを良くしようとしても、先に繋がるような積み重ねはできないはずだ。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。