経験値が増えるにつれて必要になる時間

指導して10年以上が過ぎた。

指導し始めの頃は、まだ自分自身がプレーヤーとしてもサッカーをやってて、

正直、教える事よりも、自分でやる方が数10倍楽しかった。

まぁ、指導の入り口が、

サッカー経験者だったからやってみろ

だったんで、明確な指導に対する志しがなかったのが理由と思ってるが、

そんな自分が段々と指導の魅力に引き込まれていった。

気付けば、10年。

色んな経験をさせてもらったお陰で、指導の引き出しは増えたと思う。

それは、練習内容、子ども達との関係の作り方、ゲームコントロールなど多岐に渡るが、

経験を積んだだけ、完璧に近づいてるかというとそうでもない。

時には、経験が足を引っ張る事もある。

見つめ直す時間を作る

経験が増えると色んな事に余裕を持てるようになる。

この練習がうまくいかなかったら、こうしよう。

失点したけど、⚪⚪だから焦る必要ない。

挙げればきりがないんだが、経験値で問題を解決しようとしてしまう。

ここに大きな落とし穴がある。

そこで、仮にうまくいったらいいが、全てがうまくいくわけではない。

そんな時どう思うか。

できない子ども達が悪い

子ども達のせいにする事がもちろん一番悪いんだが、

問題の根っこは、

経験だけを頼りに、考える作業を放棄している事である。

ここのところ、トレーニングがうまくいかない日々が続いていた。

イライラが募るだけだったんだが、ようやくどうしよう??

って考えた時に、しっかり自分を見つめ直してみた。

伝わりづらいかもしれないけど、自分の中には、ある枠みたいなものがあって、

その枠からはみ出ると、余裕がなくなってしまう。

なら、いっその事その枠をずらしちゃえ!

って思った時にスッと割りきる事ができた。

自分の経験が絶対だ。

と思ってると、なかなかこの枠をずらせない。

経験値は、大きな武器にもなるが、足元を見えなくさせる魔法も持っている。

良いときも、悪い時も、

自分自身をみつめ直す時間を作りながら、アップデートを繰り返さないといけない。

参考:自分をアップデートする~情報の選択と解釈の必要性~

勝ち続ける事、負け続ける事に対する懸念~考え方のアップデートをする~

インプットする時間を作る

経験に頼るようになるとインプットを怠る事もよくありがちな事。

特にうまくいってる時ほどこの傾向は強く、

自分のやってる事が正解だと思ってしまう。

自分もそうだった。

色んなことを吸収しようとして、自分の軸が消えてしまうのは良くないが、

良くいってる時ほど余裕があるはずだから、インプットする時間を作らなければいけない。

悪い時は、勝手にもがくからね。

普段見てるカテゴリー以外の子ども達を見たり、

ゲーム中の視点を自チームから他チームに移してみたり。

他の指導者の話を聞くのもいい。

何か吸収してやろう!

って思ってる時は、

色んなものが新鮮に見えたり、新たな発見ができたりするものだ。

まとめ

これは、子ども達にだって当てはまる。

経験値の必要性は散々このブログでも書いてきたが、

参考:成長する上での経験値の大切さ~阿部翔平選手の言葉の重み~

想定外を想定内にする方法~技術・予測・経験値~

経験したからといって必ず良くなるとは限らない。

負の部分で言うと、

・根拠のない自身

・努力を怠る

・やった気になる

こんなもんだろう。

同じように、経験値を得たからこそ、

自分を見つめ直す時間が必要だし、

インプット(新しい事にチャレンジする)事が必要だ。

経験値を得る事で大きく成長する子もいれば、成長を止めちゃう子もいる。

それは、経験値が増える事によって必要な時間を、

満足に置き換えて無駄にしてるからだろう。

サッカーは知れば知るほど、考えれば考えるほど、答えが見えなくなる時がある。

考えてるだけでは答えは見つからず、そんな時の答えは、現場に転がってる。

だが、その答えを探すには、考える事が大前提にある。

結局は、両者のバランスが取れてこそ成長に繋がるんだと思う。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。