これだけは絶対に外せない「守備の心得」

あれだけ勝てなかったサガン鳥栖が、監督が交代して、

リーグ戦3連勝。

浦和レッズも監督が代わり、勝てはしなかったが、

回復の兆しが見えてきたようだ。

両チームの変化で注目されたのが、

守備の整理の部分。

細かな戦術的な約束事の中で、守備を整理する事により、意識が高まり、

ハードワークを選手達が実践しているようだ。

参考:サッカーにおけるハードワークの意味を考える

言ってみれば、ハードワークする事は当たり前なんだろうが、

これが、きちんと整理されてないと、難しい。

迷いの中では、ハードワークは生まれないと思っている。

なので、絶対に必要な守備の心得とは、

意識を統一し、ハードワークをベースに組織化する事

と言える。

守備の心得~個人編~

話の焦点がチームにうつってしまったようだが、

チーム戦術を理解し、組織の中で個々の守備意識が高まる事は、

守備における個人戦術のレベルをあげる事には必須。

ポディショニングボールを奪う守備の優先順位なども、

チーム戦術があってこそ、基準が明確になり、守備の理解に繋がるからだ。

参考:少年サッカーで気になる守備の意識の低さ

子ども達のサッカーを指導していて、

まずは、ハードワークする事ボールを奪いきる事

としきりに言っていた時期もあったが、

なかなかそれを落とし込めないでいた。

単純に奪う事をテーマにした時は、

トレーニング自体が、1対1などシンプルなものになるので

うまく伝えれるんだが、それがゲームになった途端に全くできなくなる。

結局、制限された状態で奪う作業ができても、ゲームでは活きなかったという事。

同じく、ハードワークする事も、シンプルな練習の中ではできるんだが、

ゲームになると、ピッチで右往左往して、結局ボールがあるところでしか頑張れない。

ハードワークの意味のズレを感じる事が多々あった。

参考:意識のスレ違いから感じる「共通理解」を持つべき意味

こんな経験をしながら、気づいたのが、意味付けをしっかりしてあげる事。

⚪⚪だから、⚪⚪のような守備をしないといけない。

というような落とし込み方をしないと、ゲームには活きてこない。

子ども達自身も、意味をしっかり考えながら守備をやる事が必要だ。

守備の意味付けは曖昧になりがち。

でも、サッカーには攻撃も守備もある。

当然、守備の時も考える作業は必要という事だ。

守備の心得~実践編~

話は戻り、

絶対に必要な守備の心得と考える

意識を統一し、ハードワークをベースに組織化する事

を紐解いてみる。

意識を統一し、組織化できるには、先程も述べたが、プレー基準の設定が必要だ。

いわゆる約束事というやつ。

考えるサッカーには、基準の設定と日常の意識づけが必要

それには、細かな分類が必要になってくる。

例えば、

・リトリートして守るのか?

・前から奪いに行くのか?

・どこで奪いどころをつくるのか?

これらは、相手によっても変わるかもしれないし、場面場面によっても変わる事だ。

これをしっかり整理しないと、

子ども達にいくら守備の大切さを要求したってチンプンカンプン。

ハードワークを要求したって、いつ・どこで・何を守るかが明確じゃないと、

ハードワークなんてできっこない。

そのために、ゲームの前に必ず必要になるのが、確認作業。

この確認作業に、指導者の色が出てくる。

まとめ

よく、記事なんか読むと、

「ハードワーク」という文字が一人歩きしているように感じる。

これを鵜呑みにしたら、

とにかく走れ!!

とにかく頑張れ!!

になってしまい、子ども達は考える作業を放棄してしまう。

考える作業の低下は、

ハードワークを促す事より、無駄な動きを助長させる事に繋がりかねない。

相手が、自分達より主導権を握れるチームだったらどうする??

ハードワークするだけじゃ、ボールは奪えないどころか、

無駄なハードワークによる体力のロスは、攻撃にも影響を与えてしまう。

だが、ハードワークは、守備をする上で必要最低条件だ。

だからと言って、絶対に外せない「守備の心得」を、

ハードワークと言い切ってしまう事はできない。

今紐解いたように、

・意識を統一する事

・組織化する事

が加わらないと、ハードワークの意味は、違う方向に行ってしまう。

うちのチームは、よくハードワークできると言われる。

まぁ、一生懸命頑張る事は当たり前と思ってるから。

でも、それを外から見てる人がよく頑張るねだったらいいが、

指導者の方達が、同じように感じるだけではいけないと思う。

なぜハードワークできるのか?

これは、ハードワークに限った事ではないが、

その、なぜ?

を紐解いてこそ、

色んな意味が見え、子ども達に還元できるようになる。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。