相手の矢印の理解と駆け引きの必要性

駆け引きは、サッカーの中で重要と思われてるが、

駆け引きの前の前提をしっかり理解しておかないと、

駆け引きの意味は、なくなってしまう。

と言うより、

無駄な駆け引きになってしまう。

その前提というのは、

相手の矢印を理解する事。

駆け引きの前に、

相手の矢印を意識するだけで、

駆け引きをすべきかどうかの判断ができるようになるし、

駆け引きをするにしても、しないにしても、

より効率的な動きに繋がる。

駆け引きの前提となる相手の矢印の理解について、

ポイントをまとめ、その上での駆け引きの必要性を考えていきたい。

相手の狙い・意図を理解する

相手の矢印=相手の狙い・意図と解釈できる。

例えば、トレーニングの中でボール回しをやったりするが、

相手は、自分がパスを出す方向の右を狙ってるか?左を狙ってるか?

無意識に、相手の狙いの逆をとってパスを選択すると思う。

ここで、パスを引っかけるという現象が起こるのは、

相手が、自分とボールとの関係に入っていないから。

これは、簡単な矢印の理解になる。

守備にの時も考え方は同様で、

右にパスしそう。左にパスしそう。

で自分の狙いを定めると思う。

自然と矢印というものを理解しいると思うが、

これがゲーム中あれば、

もっと色んな情報が溢れてくる。

ボールを持ってる時のアプローチしてくる方向。

ボールを持ってない時の相手の狙い。

その中で、相手の矢印がどう向いているのかを判断しないといけない。

情報が多くなれば、それだけ判断しなければいけない要素は自然と増える。

参考:サッカーにおける認知・判断・技術をバランスよく育てる方法

この事が、

相手の矢印の理解を複雑にし、

時には、

矢印の理解に行きつかず、

相手にプレーを読まれるという現象を引き起こしてしまう。

矢印を理解をした上での駆け引きの必要性

余裕がある選手は、

自然と相手の矢印を理解しながらプレーを選択できる。

相手をしっかり見てプレーする。

というのは、

相手の矢印を理解してプレーする事に等しい。

その上で、次のステップの駆け引きが必要になるんだが、

相手がより慎重であると、矢印が見えない時がある。

その時は、わざと矢印を作り出す事が必要だ。

例えば、

右にパスを出すと見せかけて、

相手の矢印が右を向いた時に、逆を取って左にパスまたは、ドリブルをする。

インターセプトを狙っているようであれば、

わざと、ボールを受ける動きをして、その背後を取る。

このように、

わざと矢印を作り出す事が、駆け引きになる。

つまり、

矢印が始めから分かるような状況であれば、

駆け引きをする事なく、シンプルに逆を取れるし、

矢印が見えなければ、駆け引きによって矢印を作り出し、逆を取る必要がある

という事だ。

参考:サッカーにおける【駆け引き】が上達する方法

まとめ

ジュニア年代のサッカーを見ていると、

体格差や運動能力の差でプレーが成立してしまう事がたくさんある。

分かってても、プレーを止める事ができない。

相手にプレーがバレていても取られない。

参考:「大きく」て「強い」選手に対抗するための「脱力」の大切さ

それを、勝つための手段として

必要なものと捉えるのか?

足りないものとして、駆け引きの重要さを教えるのか?

指導者の考え方で、子ども達の先の姿は変わってくる。

また、単純に、駆け引きしなさい!

なのか、

こういう場面・状況だから駆け引きが必要になる!

なのかで、

駆け引きの必要性の理解も変わるし、

場面・状況の理解が加わるだけで、

相手の矢印を理解する。

という新たな情報の理解が加わる。

サッカーは、状況・場面が次々に変わる複雑なスポーツだ。

だからこそ、その複雑さを簡単にするために、

プレーの整理をしてあげなくてはいけない。

参考:考えるサッカーには、基準の設定と日常の意識づけが必要

今日は、相手の矢印の理解と、駆け引きの必要性についてまとめてみたが、

まだまだ、たくさんまとめるべき部分がある。

自分自身も指導現場の中で、色んなトライ&エラーを繰り返しながら、

どうプレーを整理して、どう伝えるべきか?

を考えている。

まだまだ、気づいてない事もたくさんあるだろうし、

間違ってる事を伝えてるかもしれない。

その答えは、子ども達が持ってくれていると思っている。

目の前の子ども達をしっかり見つめながら、

サッカーの本質とは何か?を1つずつ探っていきたい。











クリックをお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


少年サッカーランキング

関連記事



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法

池上正 小学館 2008年01月28日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

少年サッカーは9割親で決まる

島沢優子/池上正 カンゼン 2014年06月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

はてブてシェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

筑波大学体育専門学群卒業。大学4年次に【日本一】を経験する。卒業後、地元熊本に帰り、高校保健体育の教員として3年間教育現場に立つ。 その後、現在のソレッソ熊本で指導を始め、現在に至る。ソレッソ熊本で指導を始めておよそ10年間。 その中で培ってきた経験を、ブログという形で発信し、独自の視点で少年サッカーについての考えを述べていきたい。